富士見ファンタジア文庫<br> 撃ち抜かれた戦場は、そこで消えていろII ‐弾丸魔法とゴースト・プログラム‐

個数:1
紙書籍版価格 ¥715
  • Kinoppy
  • Reader

富士見ファンタジア文庫
撃ち抜かれた戦場は、そこで消えていろII ‐弾丸魔法とゴースト・プログラム‐

  • ISBN:9784040730349

ファイル: /

内容説明

第二世代エクセリアの輸送中、交戦により雪山で孤立したレインとエア、そして敵国の亡霊デッドリム。両者は一時協力して脱出のため行動するなか、デッドリムの目的もレインと同じ「戦争の終焉」と知り――

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

32
銀弾でも覆せない戦況の悪化に焦燥を募らせ、エアと仲違いするレイン。第二世代エクセリアの輸送任務中、交戦により雪山で孤立したレインたちが敵国の亡霊デッドリムと出会う第二弾。冷静さを失っていたレインが招いた雪山での遭難。生き延びるために敵国の亡霊デッドリムたちと協力しての脱出行。デッドリムたちとの出会いを通じて、亡霊についていろいろ語り合えたことはレインに多くの気付きを与えて、二人の関係性がどう変わってゆくか注目ですね。切り替わった世界での急展開の理由も気になりますが、出番が少なかったアスリーの奮起にも期待。2019/04/20

まりも

31
同じ理想を持つ亡霊との出会いが、新型試作機の輸送という簡単な任務を変えるシリーズ第2弾。あれ?思わせぶりだったアスリーの件についてはほとんど触れず? 想定していたのとは違った展開だったがそれでも面白い。刻一刻と悪化していく状況。絶望的な戦況の中、気持ちをぶつけ合ったレインとエアが同じ志を持つ者として本当のコンビへと変わっていく。この王道展開だけでも面白いのに、出会い方が違えば仲間になれた亡霊の存在がスパイスとなり更に面白くなってるから堪らない。あとはアスリーについて触れてくれたら文句なしやね。2019/04/25

まっさん

23
★★ 一巻を読んだのがかなり前だったこともあってか主人公ここまで無能でしたっけ?と辟易させられた。前巻では割と活躍していた主人公・レインの無能っぷりになかなかフラストレーションを溜められる展開が続いてしんどかったな〜と…レインの成長・エアとの絆といったテーマなのは分かるが、それにしてはレインの成長具合をあまり感じることが出来ないのはなかなか辛い。個人的に前巻の勢いはかなり失われた印象。折角斬新で面白い設定を生かしきれていないのは本当に残念。3巻は購入済みだがもしかしたらそこで切るかもしれない。2019/11/04

レリナ

23
一巻より文章が読みやすくなった印象。今回は新たな亡霊が登場し、レインとエアの絆が深まった感じ。戦争を裏から操っている黒幕の名前が明らかになり、俄然次巻が楽しみになってきた。アスリーの出番が少なかったのは残念だが、次巻からは出番が増えることを願う。レインとエアの触れ合いが前巻と比べると増えたので、良かった。世界を改変したことで起こった火種。これが何を意味するのか、気になる。次巻からどんな戦いが待っているのか、楽しみ。新たな亡霊が現れるのか、どんな兵器が出てくるのか、期待したい。次巻に期待。2019/05/15

まるぼろ

21
さて今巻、第二世代エクセリア試作機の護送任務に就いたレインとエアだったが、途中にて敵の襲撃に会い、試作機を積んだ車両もろとも崖の下に滑落してしてしまうが…と言うお話です。前巻のラストがああだっただけに、アスリーの秘密についてもっと読めるのかと思ったもののそれはまだ先のようで、代わりにレインとエアの弱さがとても良く映えたいい巻だったように思えました。デッドリムとイスナについては嫌いなキャラではなかっただけに残念です。そして改変した世界でレインが目にした情報は…、次巻もどんな話になるのか気になります。2019/05/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13643926

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。