富士見ファンタジア文庫<br> 撃ち抜かれた戦場は、そこで消えていろ ‐弾丸魔法とゴースト・プログラム‐

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

富士見ファンタジア文庫
撃ち抜かれた戦場は、そこで消えていろ ‐弾丸魔法とゴースト・プログラム‐

  • ISBN:9784040730202

ファイル: /

内容説明

“弾丸魔法”による凄絶な戦争が続く世界。戦火の中、亡霊を名乗る少女・エアより、被弾者の存在・功績を消滅させる“悪魔の弾丸”を入手した少年兵のレインは、世界を再編成する戦いに挑むことになり――

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

53
たった一発の弾丸で世界が変わる。悪魔の弾丸を手にした少年が世界から戦争を無くす物語ここに開幕。死と硝煙の煙が漂う世界。その世界は誰かの死をトリガーにして再編成される。この独創性溢れる設定と骨太な世界観の見事な調和具合に震えた。シンプルでありながらこんなにも奥が深く、それでいて先々の展開が全く読めないトリッキーさも兼ね備えてるとか、この作品控えめに言って無敵かもしれない。戦争が巻き起こす悲劇と、2人の絆が試される王道展開が素晴らしいですね。そりゃこんな面白いの大賞受賞するに決まってるわな。勿論続刊熱望です。2019/01/23

よっち

42
機甲車と弾丸魔法による凄絶な戦争が続く世界。戦いの中で亡霊を名乗る少女・エアと出会い、被弾者の存在・功績を消滅させる悪魔の弾丸を入手した学生兵・レインが、戦争を終わらせようと立ち上がるミリタリックファンタジー。授けられた弾丸を使って世界を再編していくレイン、謎めいたエアの過去と亡霊を巡る因縁。レインの学生らしい生活と背中合わせの容赦ない戦争の凄惨さがうまく描かれていて、因縁の決着をつけるために戦う二人の間で育まれてゆく絆が印象的でしたが、最後の気になるエピソードが何をもたらすのか続巻に期待ということで。 2019/01/20

まるぼろ

31
東国と西国とで百年に及ぶ戦争をしている世界で、敵に追い詰められたレイン・ランツは拾った見慣れぬ弾丸で敵国の将校を射殺するが、その瞬間世界は一変し…という所から始まるお話です。世界が再編成される度に状況がかなり一変するので最初は戸惑いましたが、慣れてくればとても面白い設定だと思いました。「亡霊」のエアは兎も角として、レインにも特殊な事情があったり、思いがけない所でエアとレインの繋がりもあったりでそこも面白かったです。今巻でキルリリスを「消した」もののどうやらアスリーも…、次巻もどんな話になるのか楽しみです。2019/02/05

レリナ

27
これは大賞らしい勢いのある面白い作品。撃った弾丸が世界を再編成する。亡霊の存在や弾丸魔法など、ワクワクする設定が多数。読みやすい文章なので、スラスラ読めた。レインとエアの関係が好きだな。これからまた別の亡霊が出てきそうなので、どんな能力を有しているのか、楽しみ。戦争を終わらせることができるのか、気になる。弾丸に能力が付与されているところがカッコいい。レインとエアの関係に変化があるのか、次巻が楽しみ。自分的には一番好きな部類の本。4月の発売が待ち遠しい。次巻に期待。2019/02/11

真白優樹

27
弾丸魔法が飛び交う終末的戦争が続く世界で、殺害した者を世界から消す弾丸を得た少年が、幽霊の少女と共に戦争を終わらすべく暗躍する物語。―――亡霊達は戦場に謳う、怨嗟と憤怒に満ちた声で。 終末的な戦い、そして究極的な力、更には下手な平和など求めぬ、狂おしい程に真っ直ぐに戦う子供達。世界が何度も改変される変遷を越えた先、悲劇を背負ってでも歩いていく二人の姿に心揺さぶられる。正しく熱さと苦しさが際立っている物語であり、受賞も納得の物語りである。続く戦い、改編は成功するのか。 次巻も早く読みたいものである。2019/01/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13407019

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。