[音声DL付]石川晶康日本史B講義の実況中継(1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

[音声DL付]石川晶康日本史B講義の実況中継(1)

  • 著者名:石川晶康【著】
  • 価格 ¥1,210(本体¥1,100)
  • 語学春秋社(2019/04発売)
  • シルバーウィーク後半!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~9/26)
  • ポイント 330pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784875687641

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

日本史学習の超ベストセラー『石川晶康日本史B講義の実況中継』!

【すべての史料に現代語訳&ルビ付き!!】
入試日本史では「史料問題」が頻出です。単純に史料を提示するのではなく、「どんな史料が頻出なのか」「どんな問題として問われるのか」をきちんと解説。史料を読み解けるように、すべての史料に現代語訳とルビをつけています。

【全巻に別冊「講義ノート」付き!!】
本文を読みながら参照したり、復習に利用するなど役立ててください。

【全巻に「日本史年表」&「年表トーク音声」付き!!】
別冊に掲載されている「日本史年表」に沿って、歴史の流れのチェック、ゴロあわせなど、石川先生の最新録りおろし講義が聴けます。先輩たちは何度もくりかえし聴いています。
※本書内の文章に「付属の音声CD」とあるものは、この「年表トーク音声」のことです。
語学春秋社のウェブサイトから無料でダウンロードできます。
なお、本電子書籍のビューワー上での音声再生はできませんので、予めご了承ください。

【本書の学習のしかた】
(1)本編の講義を読む
寝転んだままでも、電車の中でも、ともかく本編を読んでいってください。

(2)講義ノートを参考に熟読する
最低2回通読したら、今度はちゃんと「別冊講義ノート」を開いて本編を熟読してください。
赤字の用語を赤シートで隠し、できれば鉛筆で書いてみましょう。くれぐれも思い込みで誤字を書き込むことがないように、1字1字確認してください。

(3)講義ノートを自分のノートにしよう
「別冊講義ノート」に情報を書き加えて、自分のノートにしていく。講義のなかでの注意事項や、自分の使っている教科書、学校での勉強などのすべての情報を書き込んでいってください。

(4)「無料ダウンロード:年表トーク音声」を聴く
ある程度、学習が進んだら、別冊の年表を見ながら聴いてください。少しでも時間があったら、繰り返し聴くようにしてください。

(5)総仕上げ!
(1)~(4)までが一応終わったら、そこで個別の復習を試みてください。例えば……
(A)史料だけをチェックする(赤字の語句の穴埋めができるか試す。出典・著者などを確認する)
(b)年表で主要年号をチェックする(年号を見て事項が暗記できているか、事項から年号が出てくるか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

こかち

12
突然、日本史でも勉強すっかなーと思い立って真剣に暗記しながら読みました。懐かしー!とか独りごちながら…。犬上御田鍬なんて覚えてますか、皆さん。私は忘れてました。2017/09/19

源次/びめいだー

1
世界史のほうの実況中継を読んだので、こちらのほうも読み始めました。1巻では原始から古代を扱っています。やっぱり読みやすくてわかりやすいですね。これで少しでも日本史の概要を把握できればと思います。2015/12/23

おかゆこ

0
ざっと読んだけど知らないことばかりだった。でも読みはじめてから、日本史の単語が少しわかるようになったから、きちんと覚えたい!2017/02/01

Code

0
石川実況中継1冊目。縄文から平安末期までを解説しています。史料も解説してあり、私大難関に必須の1冊です。2016/12/29

あっはいそうですね

0
何度も繰り返し繰り返し読んで追えたから実際読んだページ数は3倍程度ありそう2020/11/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9702608

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。