空間経済学―都市・地域・国際貿易の新しい分析

個数:1
紙書籍版価格 ¥4,950
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

空間経済学―都市・地域・国際貿易の新しい分析


ファイル: /

内容説明

1990年以降、地域、都市、国際貿易、経済発展、産業立地など経済の空間的側面を扱う研究が飛躍的に発展した。この分野での世界的権威がまとめた画期的テキスト。

目次

日本語版への原著者序文
原著者序文

第1章 イントロダクション

第1編 背景となる関連研究
第2章 先駆的研究1:都市経済学
第3章 先駆的研究2:地域科学

第2編 労働移動と地域の発展
第4章 独占的競争のディクシット=スティグリッツのモデルとその空間経済への拡張
第5章 核と周辺地域
第6章 多数地域および連続空間
第7章 農業品の輸送費用

第3編 都市システム
第8章 都市システムの空間モデル:問題点発見のための序論
第9章 単一中心経済
第10章 新都市の形成
第11章 階層的都市システムの発展
第12章 都市規模に関する実証分析
第13章 港湾、輸送ハブと都市の立地

第4編 国際貿易
第14章 国際的特化
第15章 経済発展と産業の拡散
第16章 産業集積
第17章 継ぎ目のない世界
第18章 国際貿易と国内地理
第19章 今後の課題

参考文献
訳者あとがき
事項一覧