メディアワークス文庫<br> あの日の君に恋をした、そして

個数:1
紙書籍版価格 ¥671
  • Kinoppy
  • Reader

メディアワークス文庫
あの日の君に恋をした、そして

  • 著者名:似鳥航一【著者】
  • 価格 ¥671(本体¥610)
  • KADOKAWA(2019/03発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784049124828

ファイル: /

内容説明

2032年7月1日。十二歳の夏を過ごしていた少年・嵯峨ナツキ。しかし、彼はある事故をきっかけに“心”だけが三十年前に飛ばされ、今は亡き父親・愁の少年時代の心と入れ替わってしまう。
 途方に暮れるナツキに、そっと近づく謎のクラスメイト・緑原瑠依。彼女にはある秘密があってーー。
「実は……ナツキくんに言わなきゃいけないことがあるの」
 長い長い時を超えて紡がれる小さな恋の回想録。ーー物語は同時刊行の『そして、その日まで君を愛する』に続く。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おたけஐ೨💕🥒🍅レビューはボチボチと…

67
85/100点 初読みの作家さん。父親と息子との入れ替わりのタイムリープ物。そこに連続殺人事件の謎解きと中学生の純な恋愛が絡まって面白く読めました。話のところどころに撒かれた伏線も最後に回収されるところもなるほどと面白かったです。続編があるのでそっちも読みたいと思います。2020/03/29

佐島楓

62
父親と息子のからだと時間が入れ替わるというタイムスリップもの。だが、特有のひねりがきいており、ちょっと変わった作品になっている。本作はありがちな展開にならず、ただただ悲恋が悲しい。姉妹関係の作品で解決される問題はあるのだろうか。続けて次巻へ。2019/04/06

ami*15

47
少年時代の父と心が入れ替わってしまったナツキの物語。自分が生まれていない時代を愁という1人の人物として生きることになったナツキは瑠依という少女と知り合うが、実は瑠依は何者かによって殺害されてしまうという未来であることを彼は知っていた。最悪な結果から未来を変えようとすると同時に瑠依との恋愛関係も芽生えていく。元の時代に帰ってきたナツキが知った瑠依との意外と身近だった接点が判明した時、思わぬ形でこの恋を叶えることができて良かったなと嬉しくなりました。サスペンスタッチな部分も多かったのには少し意外でしたね。2019/05/10

よっち

38
十二歳の夏を過ごしていた少年・嵯峨ナツキ。しかしある事故をきっかけに心だけが三十年前に飛ばされ、今は亡き父親・愁の少年時代の心と入れ替わってしまい、クラスメイトの少女・緑原瑠依と運命の出会いを果たす物語。戸惑いながらも愁として三十年前の世界で過ごすナツキと、ともに過ごすうちに大切な存在となってゆく瑠依。彼女も関わる父の日記にあった凄惨な事件の解決に挑むナツキ。瑠依と繋がる意外な関係性も明らかになって、短くも濃厚でかけがえのない時間を過ごしたナツキが、現在で見出した不思議な縁にはぐっと来るものがありました。2019/03/24

稲荷

27
タイトルから完全に恋愛系だと思っていたけど、結構事件性があって面白かった。もう一冊のとどちらを先に読むかで読後感が変わるらしいので楽しみ。2020/11/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13579241

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす