文春文庫<br> 逆転の大中国史 ユーラシアの視点から

個数:1
紙書籍版価格
¥913
  • 電子書籍
  • Reader

文春文庫
逆転の大中国史 ユーラシアの視点から

  • 著者名:楊海英
  • 価格 ¥896(本体¥815)
  • 文藝春秋(2019/03発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167912529

ファイル: /

内容説明

〈中華は漢民族の国〉は幻想だ!
今の中国を解くキーワードは「コンプレックス」、正しい中国史を正視しない限り中国は歴史に復讐されるだろう。

中華人民共和国「内モンゴル」で生まれ、北京で文化人類学を学んだ著者は、「漢民族」が世界の中心だという中華文明の価値観に、次第に違和感を覚える。
日本に留学し梅棹忠夫氏に師事、ユーラシア草原を調査するうち、従来の常識とは全く違う、価値観の逆転した中国史が形成された。
それは「中国四千年の歴史」という漢民族中心の歴史観からの逆転である。

大陸を縦横に駆け、開かれた文明を担ってきたスキタイ、匈奴、鮮卑、ウイグル、チベット、モンゴルといった周辺の遊牧民こそ、この地の歴史を作り上げてきた主役なのだ。
黄河に文明が花開いたころ、北の草原にはまったく別個の独立した文明が存在した。
漢人がシナを支配して「漢帝国」を称していた時代にすら、北方には別の国家が存在していた。
我々が漢民族国家の代表、中国の代名詞と考える「唐」ですら、実は鮮卑の王朝である。

現在の中国人は、こうした真実の歴史を覆い隠し、自分たち「漢民族」が世界の支配者であったという幻想にしがみついている。
絶えざる批判精神と綿密な実地調査で描き出す、諸民族が織り成す雄大な歴史絵巻!

解説・川勝平太