ちくま学芸文庫<br> 柳田国男論・丸山真男論

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

ちくま学芸文庫
柳田国男論・丸山真男論

  • 著者名:吉本隆明【著】
  • 価格 ¥1,155(本体¥1,050)
  • 筑摩書房(2019/03発売)
  • ポイント 10pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784480086594

ファイル: /

内容説明

体液のように流れる柳田の文体と方法にかたちをあたえ、彼のえがいた稲の人としての「日本人」の鮮明な画像と、そこに見えかくれする「山人」や「アイヌ」の影に徹底した考察を加える「柳田国男論」。丸山の戦争体験の批判を入口に、『日本政治思想史研究』における徂徠学の評価の分析を軸にすえ、丸山政治学が幻想の「西欧」という虚構の立場を設定して初めて切り拓いた地平を検証する「丸山真男論」。近現代の代表的な思想家を俎上にのせ、雄勁なスケールでその核心を論じる。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

肉欲棒太郎

2
柳田国男論目当てで読み始めたけど丸山真男論の方が面白かった。吉本による丸山批判は概ね納得出来るが、丸山の大衆蔑視それ自体は間違っていないと思う。それを取り繕おうとすることが良くないわけで。ところで版元はなぜ柳田論と丸山論を一冊にまとめたんだろうか。2015/10/12

mstr_kk

0
それぞれの対象の、無意識的な方法を抉る。残念ながら、柳田についても丸山についても詳しくないので、今回は味わい尽くせた気はしないのだが、勉強し直してまた読み返したいと思わせるような、読んでるこっちを興奮させる文章。柳田論は、民俗学だからやっぱり内容が面白い。地租改正をめぐる議論もワクワクする。丸山論は、スターリニズム論がたいへん興味深かった。2012/12/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19743

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。