角川ビーンズ文庫<br> 花仙国伝 金の獅子と風の蒲公英【電子特典付き】

個数:1
紙書籍版価格 ¥693
  • Kinoppy
  • Reader

角川ビーンズ文庫
花仙国伝 金の獅子と風の蒲公英【電子特典付き】

  • ISBN:9784041072639

ファイル: /

内容説明

「私、この人のために生まれてきたんだわ」時の花仙が王を見いだす百花繚乱の世。芸術の都・北煌では新たに咲いた蒲公英仙が、王を選べずにいた。焦る蒲公英だが、二人の太子――破天荒な礼苑、実直な叡春との出会いにより、花仙としての役割を自覚していく。だが、王不在の北煌に侵略の手が迫る。さらに瑞と東煌の王が三国同盟を持ち掛けてきて、蒲公英たちは決断を迫られ……!? 煌めく宿命の中華ファンタジー・第二弾!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あっか

56
シリーズ第2巻。1巻目よりわたしはこちらの方が好きかも!甘さが高めというのもあるし、ヒロイン(蒲公英)の強さと弱さ、ヒーロー(礼苑)の強さと弱さが絶妙にハマった感じが良い。文字通り開花するさまは清々しく気持ちよかったです!結婚はできるけど、花仙は年もとらないし子どももできない…って、過去の誰かの悲恋フラグが立ちました。笑 シリーズ名のつけ方や、花仙が王を選ぶという設定などは十二国記っぽいですが、また違った雰囲気が味わえるので中華風ファンタジーが好きな方にはおススメしたいです^^2019/02/12

シュウ

5
同じ世界で別の国。型破りの人がこの国には必要なのかも。平穏では済まない時代の訪れが近づいている。2021/12/23

きよりん

4
ひさびさにビーンズ文庫を読みました。同じレーベルからでたあの”彩雲国”に似てるかと思ったら、全然、違いました。 ”花の仙人が国の王を決める。””王は天命” っていうあたりは、十二国記のようです。あっちは麒麟でしたが。 意外と面白くて、半日で読んでしまいました。2019/02/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13460834

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす