ビッグコミックススペシャル<br> ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。 中

個数:1
紙書籍版価格 ¥650
  • Kinoppy
  • Reader

ビッグコミックススペシャル
ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。 中

  • ISBN:9784098602049

ファイル: /

内容説明

哲学×ラブコメ=思わずうなずくコミック!

第5回京都本大賞受賞の同名小説がコミックに!京都在住の女子高生の前に現れた爽やかニーチェが優しく人生指南。哲学アレルギーもこれを読めば完全克服!他の哲学者も降臨してラブコメ哲学漫画が繰り広げられます!今巻には新たな哲学者が次々と降臨!さらに哲学を知る機会に恵まれます。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

トラシショウ。

25
「すべての事から逃げてるんだ。誰にも、なんにも、伝えた事がない」。センシティブなキルケゴール、寡黙なイケおじのショーペンハウアー、軽妙酒脱なサルトル、チャラいワーグナー、続々とアリサの前に現れる美男哲学者達がアリサの心を惑わし、悩ませ、やがて前へと進ませる。自由と引き換えの「選ばなかった可能性」、「いつでも自分自身の主人であれ」が招く責任、苦悩と退屈をループする生、そして「実存は本質に先立つ」。哲学者達の軒並みイケメン化でだいぶショーアップされているけど、歯応えと難易度は急上昇な印象(以下コメ欄に余談)。2019/01/20

シナモン

18
購入本。今回も胸にぐっとくる言葉がたくさんでした。「富は海水に似ている。飲めば飲むほど喉が乾くのだ」足るを知るってやはり大事だな。「人生は苦悩と退屈の繰り返し。そんな時、ふと見る月に心癒される。月は決して手に入らないものだから」他人の目に映る自分の幸せでなく主観的に自分自身が幸せと思えるよう感性を磨いておくことが大事だなと思った。京都の街も所々出て来て楽しく勉強できる一冊でした。下巻まで読めば私も超人に近づけるかな!?2019/04/09

><

12
初版2019年。超人になるためにいろいろな哲学者のお話を聞く。サルトルさんのお話は今までの中で一番難しい。難解...2022/04/06

><

9
再読。下巻を読む前にもう一度、中巻を読む。初回と比べるとほんの少しだけ「こういうことを言っているのかな?」と思えたけれど、やっぱり難解は難解なまま。文中でも出てくる【吟味】することが哲学するということなのかな。2022/05/03

どんぐり@明日はいい日だ

3
小説版積本化でのコミック版購入。だが京都である必要はあったのか。哲学の道があるだけで・・素敵な場所だけどね。2019/01/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13314027

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。