ガッシュ文庫<br> 神官は王を狂わせる

個数:1
紙書籍版価格 ¥618
  • Kinoppy
  • Reader

ガッシュ文庫
神官は王を狂わせる

  • ISBN:9784877245658

ファイル: /

内容説明

王と神官という立場を乗り越え結ばれたふたり。男らしく猛々しい王・羅剛は、愛する冴紗を手に入れ、婚姻の儀を待っていた。神官と王妃、両方の役割を担うことになる冴紗を、羅剛は片時も離したくないほど狂おしく愛している。しかし、聖なる虹色の髪と瞳を持ち人々を導く存在の冴紗を奪おうと、近隣諸国が戦いを仕掛けてきた。羅剛は、冴紗には何も知らせずにひとり戦地に赴かんとする。やっと想いが通じ合ったのに、運命はまたもふたりを引き裂くのか…!?愛はすべてを凌駕する…一途で激しいラブロマンス。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

辺辺

16
再読。"あなた(おまえ)を愛するためだけに生きてるのよ"という信条と心情で楽しみたい時におススメのお伽話。第二巻。攻め視点での語りがとにかく暑苦しい。通常運転な攻めが受けを助けるという王道なシチュを、受けが攻めを救っちゃうという逆なターンが面白い。好きがゆえにの悪趣味なツッコミで(失礼):攻めが受けしか知らない癖に(お互い相手しか知らないのに←笑)、責めセリフが一々妙におやじ臭くて可笑しい。☆2015/05/19

チョコ大福

15
羅剛視点で話しが進みます。何か暑苦しい。湿度が増します(^。^;)ツバも飛んできそうな勢い(汚なくてごめんなさい)冴紗さま最強!すべての国王がひれ伏すのでしょうね。2013/11/10

みずほ

10
評価 小説★★★☆☆ 挿絵★★★★☆ 「神官」シリーズ第2作目。羅剛は1作目から十分狂ってるので、「神官は他国の王も狂わせる」って感じ? 冴紗を狙って他国の王が戦争を仕掛けてくる。三つの国に共同戦線を張られ形成不利な上に、羅剛は敵の罠に嵌められ危機一髪! 今回、冴紗の「世を統べる者」という真名の意味がはっきりした感じ。冴紗は「黄門様の印籠」だな。冴紗を見れば皆ひれ伏して全て解決!(笑) 今回は戦いが主で冴紗の出番は少なかったのに、最後は冴紗の独壇場。命の危機を脱した後の二人は胸やけするくらい激甘バカップル2011/01/20

toratoramint-B

10
"恋に狂うて死ぬるは本望"ヤンチャ熱血王・らごう×"傾国の美后"にして"虹の御子"・さしゃ。今巻は、蜜月を過ごすいとまもなく、戦火が迫る! の巻なわけですが、この二人、相変わらず愛にだけ生きてますw でもその愛が世界を救っちゃう!!(BLの醍醐味)。ファンタジーとしても戦記としても、率直に言って穴だらけだと思うんですが、この二人の一途な愛情に押しまくられて、もう降参です(褒めてます)。個人的に、姫萌え属性も王萌え属性もないのに、すごく萌えるのはなぜなんだ。高永さんのイラストも素敵すぎる!2011/01/19

わしお

8
シリーズ② やっと心身共に結ばれて、婚儀を待つだけのラブラブ編、になるはずもなく、、とてもハラハラした。周辺王国との冴紗を巡る戦いでした。羅剛様視点、もう読んでて恥ずかしくなるくらい冴紗のこと大好きなの。あと冴紗を抱くまで童貞だったのでガッツポーズです2019/11/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/499169

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす