ハヤカワ・ミステリ文庫<br> 炎の色 下

個数:1
紙書籍版価格 ¥814
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ハヤカワ・ミステリ文庫
炎の色 下

  • 著者名:ピエール・ルメートル【著】/平岡敦【訳】
  • 価格 ¥737(本体¥670)
  • 早川書房(2018/11発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784151814549

ファイル: /

内容説明

莫大な遺産を相続した女に襲いかかる魔手。窮地に立たされた彼女が選んだ道とは? 『その女アレックス』の名手による傑作登場!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

W-G

344
モトネタとなる実話があると知って、それならまぁ…という気になるが、復讐のやり口も、やられる方も、色々と杜撰。特にギュスターヴに対して、どっちも、もうちょい大人な対応しなさいと言いたくなる。掃除夫に好き勝手やられすぎ。『天国でまた~』から、ずいぶんカッコいいキャラ改変がされているデュプレがいい味出しているのと、ポールが立派になっていく様が良いところ。大部分が人任せなこともあり、やはり復讐劇という感じはしない。ただし、人物のドタバタっぷりは読んでいて楽しく、ラストの締めくくり方も爽やかさが残り、損はない一冊。2019/04/12

ケイ

133
これじゃあ「モンテ・クリスト伯」じゃないかと上巻で思っていたが、最後の作者の謝辞が「我が師たるデュマ氏に捧げる ...」から始まっているではないか。なるほど、そうなのか。事実は小説よりも奇なりというように、このひどい話の元は、ル・メートル氏が歴史資料にあたって調べたことらしく、モデルとなった企業や銀行がある。下巻の展開には作者に脱帽。展開に深みを加えるのはデュプレ氏の存在だろう。親しき仲にも礼儀あり、互いに敬意を忘れない関係は素晴らしい。そして、対価は必ず支払わなければならないのだと思った。おすすめ。2019/01/31

hiro

96
痛快な復讐劇だった。上巻はマドレーヌが復讐を始めるまで、読むピッチは上がらなかったが、この下巻は一気読みだった。両世界大戦の間のパリが舞台だが、驚くことにあの首相も登場する。マドレーヌが実行する復讐の方法は、現代の進んだ科学捜査や監視カメラのある町では到底通用しないだろうが、この時代の設定でも、いつバレないかハラハラし通しだった。やはりルメトールの作品は面白いと再認識した。『天国でまた会おう』と共通の登場人物もいるようだが、第一巻を読んでなくても問題なく読めた。もちろん『天国でまた会おう』も読みます。2019/02/23

のぶ

86
下巻に入り、1930年代のナチスが台頭してきている不穏な時代に、マドレーヌは周りの奸計により資産も住まいも失い、小さなアパートで暮らさなくてはならなくなった。これから先は、マドレーヌを裏切った者たちへの復讐の物語になって行く。でも描写に陰惨なところは特に見られない。オペラにのめり込む車椅子生活のポールの姿が潤滑油のようになっているのか?やがて上巻の冒頭でポールが転落した理由、というのも分かってくる。ミステリー化と思い読みだしたがそんな要素は薄く、ジェフリー・アーチャーの年代記に近いような印象を受けた。2019/01/13

ゆのん

84
いよいよ自分を陥れ息子を歩けなくした連中への復讐が始まる。マドレーヌは父親と同じように我慢強く諦める事なく調査してゆくが、その過程が非常に面白かった。第三部が楽しみだ。2018/12/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13177894

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす