幻冬舎新書<br> 大阪的 「おもろいおばはん」は、こうしてつくられた

個数:1
紙書籍版価格 ¥864
  • Kinoppy
  • Reader

幻冬舎新書
大阪的 「おもろいおばはん」は、こうしてつくられた

  • 著者名:井上章一【著】
  • 価格 ¥820(本体¥760)
  • 幻冬舎(2018/11発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

大阪と聞いて何を思いうかべるだろうか? 芸人顔負けのおばちゃん、アンチ巨人の熱狂的阪神ファン、“金もうけとど根性”の商売人……しかしそれらは東京のメディアが誇張し、大阪側も話を盛ってひろがった、つくられた大阪的イメージだ。「おもろいおばはん」の登場は予算のない在阪テレビ局が素人出演番組を安く量産した結果だし、阪神戦のテレビ中継がまだない一九六〇年代、甲子園球場は対巨人戦以外ガラガラだった。ドケチな印象はテレビドラマが植えつけたもので、「がめつい」は本来、大阪言葉ではなかった。多面的な視点から、紋切型の大阪像をくつがえす。