ラズパイマガジン 2018年12月号

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,398
  • Kinoppy
  • Reader

ラズパイマガジン 2018年12月号

  • 著者名:日経Linux【編】
  • 価格 ¥2,398(本体¥2,180)
  • 日経BP(2018/11発売)
  • ポイント 21pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784296101283

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

ゲーム製作で分かる パーツの動かし方入門30
Google工作キット2種で画像学習とサーボ制御

「マインスイーパー」「旗揚げゲーム」「モグラ叩き」。
特集1ではラズパイでゲーム工作をしながら、多様な電子パーツを制御する基本を学びましょう。
LED点灯などの基本から、割り込みの設定、ディスプレイのスクロール制御など、電子工作で頻出する制御法を網羅的に紹介します。

特集2は、「画像認識AIカメラ」と「新版AIスピーカー」のGoogle工作キット2種のさらなる活用法を紹介します。
AIカメラでは、グー、チョキ、パーの画像をディープラーニングで学習し、AIカメラとじゃんけん対決します。
AIスピーカーではサーボを音声で制御し、“歌って踊れるAIスピーカーに仕立てます。
このほかラズパイ以外の工作ボードとして、ソニーの新製品「SPRESENSE」も活用。ボタン操作でビートを刻めるビートボックスを作ります。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

calicalikoume

6
自走式ロボットに関する記事二件が興味深かった。ラズパイ結構デカそうかなという印象。カメラもつけてコントローラ側でモニタするみたいなのをやろうとするとバッテリーを含め結構な体積になりそう。bluetoothを制御するライブラリが知れたのは収穫。wifiだとどうなるのかも気になった。付録の回路図の基礎もありがたかった。 2019/02/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13248317

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。