集英社コバルト文庫<br> 鈍色の離宮 ~レマイユの吸血鬼~

個数:1
紙書籍版価格 ¥523
  • Kinoppy
  • Reader

集英社コバルト文庫
鈍色の離宮 ~レマイユの吸血鬼~


ファイル: /

内容説明

古のヴァンピルが棲んだと伝えられる辺境候領について、近ごろ噂が流れていた。魔術候と呼ばれる辺境候ルドルフの使う得体の知れない魔法で、領民が屍肉を食らう魔物に変じている、というもの。魔物退治に精を出すイブ・アントアーヌとしては、魔物を生み育てられてはかなわない。いっそのこと出所に赴こうかと思った時、現れたのはジェラール・オーギュスト。癪にさわる王子殿下だった!!