富士見L文庫<br> 平安あかしあやかし陰陽師 怪鳥放たれしは京の都

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy
  • Reader

富士見L文庫
平安あかしあやかし陰陽師 怪鳥放たれしは京の都

  • ISBN:9784040729282

ファイル: /

内容説明

【彼こそが、安倍晴明の歴史に隠れし師匠!】
 この平安の陰陽師たちが最も畏れる男・賀茂光栄(かものみつよし)。安倍晴明の師であり、架空の人物ともされしその正体は――女性とも見間違う年齢不詳の美青年だった。
 幼なじみの歌人・藤原為頼(ふじわらのためより)が光栄の元を訪れると、光栄はたぐいまれな観察眼で訪問の目的を見破る。驚く為頼に光栄は微笑んだ。「このくらい見抜けねば、陰陽師は務まらぬさ」そして為頼から語られたのは、麗しき罠に誘われた青年貴族の話で……。
 安倍晴明に鬼才と言わしめた陰陽師が、あやしき影と対峙する宮廷絵巻。これより開宴――!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

葵@晴読雨読

30
読みやすくて面白かった!安部晴明の年下師匠の賀茂光栄。幼なじみの藤原の為頼がいい働きしてくれます。賀茂光芳、凄い。2巻へ進みます。2020/07/29

あゆみ

27
★★★★★ 登場人物たちが魅力的!安倍晴明の18歳年下の師で賀茂家の麒麟児といわれる天才陰陽師の賀茂光栄、その幼なじみで詩歌や書に関する知識や時には腕力を役立たせる藤原為頼、光栄を師として尊敬している安倍晴明、光栄の式で普段は童の姿をしている小狐、命を狙われていると分かっても帝や皇子たち後宮のすべての女性を守るために戦うという気高い心の持ち主である安子中宮、登場人物たちのキャラや関係性が本当に素敵!続編希望!→2018/11/06

みい坊

23
ずっとタイトルを「あやかしあやかし陰陽師」だと思って読んでいた。どんだけ怖いあやかしの話かと思って読んだ。安倍晴明の師匠を主人公にした物語は陰陽師の物語でも切り口が違って面白かった。安倍晴明よりも18歳年下の美貌の師匠、賀茂光栄。式の小狐は実は九尾の狐だけど、普段は可愛らしい童でほほえましかった。2021/05/06

ううち

15
道真公亡き50年後あたりのお話。見目麗しい陰陽師の主人公・賀茂光栄(みつよし)と式の狐(かわゆい)、安倍晴明に藤原為頼と豪華メンバー。うっかり発言が多いけど為頼はいいやつだな!光栄の読みがなかなか覚えられず苦労した。光栄が女子設定じゃなくてホントに良かった。2巻に行きます。2020/02/21

まぁ

10
安倍晴明の師匠だった賀茂光栄さんがこそこそでもないけど平安時代の闇を断つ話。とりあえず相棒な幼馴染の藤原為頼さんが涙脆いとともに、有名な清明さんもちゃんと出つつもすごく師匠をたててな。2020/01/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13122002

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。