ガガガ文庫<br> やがて恋するヴィヴィ・レイン 6

個数:1
紙書籍版価格 ¥652
  • Kinoppy
  • Reader

ガガガ文庫
やがて恋するヴィヴィ・レイン 6

  • ISBN:9784094517453

ファイル: /

内容説明

はじめまして。また、会えたね。

史上最大の会戦に勝利したジェミニ率いる神聖リヴァノヴァ帝国軍はバール川を越え、ルナ・シエラ共和国領への侵攻を開始した。
撤退する共和国軍の直上を飛行する戦艦バルバロッサに乗り合わせたファニアは「尋ねびと」に巡り会い、魔女の口から「星の意志」を伝え聞く……。
上級三隊第一階級「熾天使級」機械兵ルシフェルとミカエル。生命金属の肉体を炭素材装甲で覆った「機械兵の始祖」。二機の機械兵を巡る闘争は、エデンとジュデッカの武力衝突に発展する。
皇帝ヒルデガルダの指揮のもと、バルバロッサに攻撃を開始するジュデッカ竜騎兵隊。
そして、ついに驚愕の全貌を明らかにするワールド・トリガー。
それぞれの思惑を秘めた群雄たちが激突するなか、ジュデッカに堕ちたルカとミズキの運命は……!?
犬村小六が贈る壮大な生命のドラマが、いよいよクライマックスへと……息もつかせぬ第6巻!

※「ガ報」付き!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nayu

59
最高。もう最高です。ここまで読んできて本当に良かった。シリーズ物で読者にこう思わせたならもう勝ちじゃないか。誰の勝ちってこの本に携わる全ての人の勝ちだ。「はじめまして。また会えたね」この瞬間のためにルカは生き抜いてきたし、この瞬間のために我々は読み続けてきた。感涙。4人が再び集うとき、世界は変革する。決して相容れることのないルカの道とファニアの道。「あなたが壊すこの世界を、わたしが築き直します」ここまで読んできて本当に良かった。心からそう思います。次で最後。この世界の行く末を、心して見届けたいと思います。2019/01/29

よっち

47
ミズキと共に落下したジュデッカで皇帝ヒルデガルダと出会うルカ。一方、戦艦バルバロッサに乗り合わせたファニアは尋ねびとに巡り会い、魔女から星の意志を伝え聞き運命が動き始める第六弾。インパクト抜群のヒルデガルダから語られる三界の真実。強く想い合うルカとファニアたちが引き寄せる運命の転機。素敵な格好に恥ずかしがったり、やられっぱなしのままでは終わらせないファニア△でしたが、それぞれの天命を悟って再び動き出す四人の物語は次巻最終巻に向けていよいよ盛り上がって来ましたね。ここまで積み上げてきた集大成、期待してます。2018/07/17

むっきゅー

46
ついに全ての真相が明らかになり、クライマックスの序章な第6巻。最高に面白かった。ルカとアステルの再会シーンに感動させられた。「やがて恋するヴィヴィ・レイン」とはそういうことなのか...。一方、ルカとファニアは、ようやく再会できたのもつかの間、互いの使命のため別の道を歩まざるを得ない展開は辛い。次巻は最終巻なのですが、悲恋の物語で終わってしまうのか。できることなら二人は結ばれてほしいのだが、果たして。2018/07/19

まりも

44
ジュデッカに堕ちたルカとミズキ。そして魔女と出会ったファニア。運命が交差するシリーズ第六弾。凄すぎる。怒涛の展開に後押しされてあっという間に一気読みしてしまった。これまでの全てが収束し、物語はいよいよクライマックスへ。その衝撃たるや凄まじく、読後から一晩経っても興奮が収まらない。ルカとファニアの想いが通じ、シルフィの願いが届いたその瞬間。一体何が起きたのか。1人でも多くの人にこの壮大な物語の興奮、感動を味わって欲しい。最終巻手前でこれなんだから、最終巻は想像を超える展開となる筈。大団円を期待したい。2018/07/18

まるぼろ

35
崖下からミズキと共にジュデッカへ降りたルカはジュデッカ皇帝ヒルデガルダと面会するが、魔法を介してルカ、ヴィヴィ・レイン、ファニア、ミズキの四人でミカエルとルシフェルを起動しろと伝えられ…と言うお話です。今巻もとても良かったです。三界を隔てる壁の真相とワールド・トリガーについてや、ヴィヴィとアステルの合一に、ルカとファニアの再会からのワールド・トリガー発動に対しての意見の対立と、それぞれの決意とそして…。ラストに向けてとても良いブーストが掛かった巻だったなと思いました。→2019/11/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12915490

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。