ジャンプジェイブックスDIGITAL<br> 封神演義 導なき道へ

個数:1
紙書籍版価格 ¥858
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ジャンプジェイブックスDIGITAL
封神演義 導なき道へ

  • 著者名:藤崎竜【著者】/吉上亮【著者】/安能務【原作】
  • 価格 ¥733(本体¥667)
  • 集英社(2018/07発売)
  • お盆休みの読書に!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/13)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784087034547

ファイル: /

内容説明

【小説版登場!】ジョカとの戦いの後。人界も仙界も大いなる道標から解き放たれ、定まりきらない未来へ歩み出している。そんな中、最強の道士、申公豹は一人神界を訪れる。神界に居る、大戦で命を落とした魂魄たちに聞かなくてはならないことがあるというのだが……。 『封神演義』スピンオフ小説が登場!! ※デジタル版にはプレゼント応募券は付属しません

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Hammer.w

18
タイトルがいいです。"過去への詮索は、下世話なもの。"天化の章は好きです。「ぶらぶらしてるよ」、「私の美学に反します」これで十分です。完。2019/09/07

新天地

8
歴史を定めた「標」を倒し、また「導」を離れた者達が、それは何を意味していたのかを描く。エレガントでトレビアーンな話は「戦いの遊戯」漫画ではサラッと描かれていた元始天尊VS趙公明を見事に掘り下げたのが印象的。元始天尊の意図を察して揺さぶりをかける趙公明の鋭い読みの構図が素晴らしかった。しかし何よりも感動した話は「老いたる象徴と風の分岐」時が過ぎて人々が移り変わってゆく中で変らないものであろうとする、変らないものを築こうとする聞仲に涙が出た。まさに「老いたる象徴と風の分岐」雲間に揺れて風たち去りぬ。2018/07/24

keisuke

8
「サイコパス」シリーズ並みにオリジナル要素を入れてくれてるかと期待してた。普賢と天化は補完されてて良かったけど。天化が封神される直前、太公望に気づいてて嬉しかった。封神台ができる前って死んだ仙人達はどうなってたんだろう、とかマンガ読んでた時は気にならなかったことがいくつか。「殺劫」って言葉はこないだの外伝にも出てたけど、これは示し合わせてだよな。ならもっとそれと絡めてくれても良かったのに。吉上亮なら、と期待してた。2018/07/04

北白川にゃんこ

5
振り返り小説ながらそれぞれの思惑が知れてよい。どの仙人にも動機や想いがあった…。壮大な物語だった。アニメの話はやめろ。2021/10/05

ayako

4
本編では語りきれなかった、それぞれの想いが描かれていて、すごく良かったと思いました。 思わず涙ぐんでしまったところもあり、原作の漫画も読み直したいと思いました。2019/01/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12872713

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。