レジーナブックス<br> イミテーション・プリンセス2

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy

レジーナブックス
イミテーション・プリンセス2

  • ISBN:9784434179310

ファイル: /

内容説明

親友である皇帝クライヴの頼みを受け、後宮入りしたリディア。周囲とも上手くやれるようになって、ニセモノ皇妃もだいぶ板に付いてきた。ただ最近気になるのは、聖女に似ていると言われること。クライヴや侍女たちに訊いてみるものの、はぐらかすばかりで誰も教えてくれない。何か重大なことを隠されている――。そう直感したリディアは、自力で聖女の伝説を調べ始める。すると、そこにはリディアに関わるある真実が隠されていて……? 箱入り令嬢が己の運命に立ち向かう、感動の結末!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

絳楸蘭

11
1巻を読み終わったときに、サイトの連載がストップしているし、この先の展開が気になっていた本の1つだったから、完結編が出たことに喜んだ。しかもハッピーエンドでよかった。ちょっと詰め込みすぎじゃあないかと思ったけど…。オルテンシアと聖女の正体がわかって安心。みんなのため、自分のために生きるって大事なことだな。2013/06/08

夜の女王

7
☆☆+☆半分 伏線回収編。リディアが何故箱入りなのか?とか、何故黒髪なのか?、身代わりのお姫様はどうなった?とかきちんと回収されてました。そこは評価。とはいえ、そんなに意外性のある展開でもなく、ラストは神様を持ち出してメデタシなのはチョッとずるい気も・・・まぁ、ファンタジーですから終わり良ければすべて良しです。個人的には王様より宰相の方がお買い得だと思うのですが。あの二人なら中々楽しい人生を送れそうなのに勿体無い。2013/12/15

ばにー

4
2巻は女神大活躍のファンタジーへ。1巻で登場した謎をすべて解消して大団円。みんな幸せになって良かったと思いながらも、1巻から2巻への世界観が変わり過ぎでビックリだわ2014/07/28

ゆり

4
完結。お話が予想以上にファンタジー方向へ。クライヴの本音をようやく言葉で読むことができてほっとしました。イラストがきれいです。2014/02/04

陸抗

3
唐突に、女神や聖女の設定が出てきて、おいてけぼりを食らった気分。リディアの周りの人間は隠しても、あまり仲の良くなかった側室からは、話が上がってもおかしくないんじゃないかな。聖女の髪を真似たとかなんとか。他にも、クライヴのやり方がなぁ…。こんな王は嫌だ(苦笑)2016/09/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6845648

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす