光文社文庫<br> 罪と罰の果てに

個数:1
紙書籍版価格 ¥963
  • Kinoppy
  • Reader

光文社文庫
罪と罰の果てに

  • 著者名:永瀬隼介
  • 価格 ¥935(本体¥850)
  • 光文社(2018/05発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

千葉県房総半島の漁師町。「キリストさん」と呼ばれる古紙回収業の男は、町の人々に親しまれていた。2人の少年は、その男に「神」を見た。一方、新興宗教の頸木から逃れ、「地獄」を見てきた幼い兄妹。この4人が交わったとき、悲劇は起きた。そして、17年後、4人はそれぞれの形で「真実」と向かい合うことになる――。現代社会の歪みを人間を通して描いた、魂の一冊。