富士見ファンタジア文庫<br> デート・ア・ライブ フラグメント デート・ア・バレット3

個数:1
紙書籍版価格
¥693
  • 電子書籍
  • Reader

富士見ファンタジア文庫
デート・ア・ライブ フラグメント デート・ア・バレット3

  • ISBN:9784040725666

ファイル: /

内容説明

白の女王に敗北し、第三領域に囚われた時崎狂三。響の協力によって脱出を試みるのだが……。時間を奪われ狂三は七歳の姿になってしまい!?「可愛いよう……閉じ込めて永遠に愛でたいよう……」「ぶちころしますわ」

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ごぅ。

9
はい、詰んだ。状態の前回からの逆転劇。。なにを云わんか篤と見るは狂三七変化に他ならんですぜ!!わしは圧倒的に27歳がいい、がいい、がいい!!前半進みづらかったりしたけどメインストーリーとのかみ合わせなどよく考えられてる気がして凄いと思う。。2018/05/03

サケ太

8
敗北からの反撃。狂三は格好良い女。それを堪能出来る。2018/08/17

HANA

7
今回は反撃巻。狂三の強さがしっかり見えて面白かった。能力もだけれどやっぱり回転の早さがかっこいい。本当にいいキャラクターだと思う。これからどう展開していくのか楽しみ。2018/06/19

のれん

7
自分ではあるけれど自分ではない。 哲学でしかないものを実在させる狂三の能力はまさに厨二の具現。 主人公の狂三は「あの」狂三ではないかと匂わせてきたが、いよいよその話も近づいているように感じる。 本編だけでなく日常短編からもネタを引っ張ってきてるのはさすがファン向けスピンオフと言ったところか。 まぁ、主人公も敵も味方も全部狂三というのは改めて考えるとスゴイ光景だ……2018/04/24

ダイ

5
前回のラストで白の女王に敗れ捕まってしまった狂三でしたが、そこに居た別の狂三と潜入して助けに来てくれた響と一緒に脱出や反撃などが今回のメインでした。第三領域に連れて来られたり、序盤に各領域の支配者達が登場したりしたのでクライマックスが近いと思いましたがまだ続きそうですね。また、分身体を始めロリから大人の狂三など様々な姿が見れました。ただ、響の反応が某アイドル精霊を思わせる程で本当に狂三愛が凄いと感じましたね。それと手痛い一撃を受けた白の女王ですが、最後に現れた人格や主人公の狂三の正体など謎もまだ多いです。2018/05/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12750095
  • ご注意事項