TO文庫<br> 最後の医者は雨上がりの空に君を願う(上)

個数:1
紙書籍版価格 ¥638
  • 電子書籍
  • Reader

TO文庫
最後の医者は雨上がりの空に君を願う(上)

  • ISBN:9784864726818

ファイル: /

内容説明

★映画化企画進行中!★

シリーズ累計25万部突破!
なぜ、人は絶望を前にしても諦めないのか?
感動の医療ドラマ、衝撃の新章へ!


【あらすじ】

「流されるままに生きればいい」。小さな診療所を始めた医者・桐子は患者に余命を受け入れる道もあると言い切る。一方、かつての同僚・福原は大病院で閑職に追いやられてもなお、患者の「延命」を諦めない。別々の道を歩む二人が、ある難病の恋人同士を前に再会を果たす時、それぞれに壮絶な過去が呼び覚まされるのだった。残された日々を懸命に生きる患者と医者の葛藤と闘いを描き、大反響を呼んだ医療ドラマ。衝撃の新章へ!
【文庫書き下ろし】

著者について
●二宮敦人(にのみや・あつと)
1985年東京都生まれ。一橋大学経済学部卒業。累計20万部を突破した『!(ビックリマーク)』等、次々に新作を発表する注目の新世代作家。著書に『18禁日記』『郵便配達人シリーズ』『最後の秘境 東京藝大: 天才たちのカオスな日常』『なくし物をお探しの方は二番線へ』『廃校の博物館 Dr.片倉の生物学入門』等がある。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ソルティ

439
やっぱ上手い、一気読み。HIV、エイズは見た目が酷くなって死ぬ事と感染経路くらいの認識だったが間違ってた。治療法が確立され、治療をするかしないかでこんなに道が違ってくるとは。駿太の弱いくせに強がってるのが腹立たしい。犯罪はさすがに桐子に止めて欲しかったが、自分を変えられないタイプもいるのはわかる。やるせない。今回は福原が良かったかな。2話目は桐子幼少期。下巻に続くのでまず読む!「「生きることは本来戦いだ。戦う意思も持たず、ただ与えられる生を漫然と、あるいは逃げながら過ごすような奴に、生きる価値はない」」2021/09/11

桜咲

176
何の予備知識も無く読んだ前作で受けたような衝撃は当然ながら無く、登場人物のキャラも薄まってしまった気もする。 後編でどうなるか、期待が高まる。2018/08/22

machi☺︎︎゛

152
最後の医者は桜を見上げて君を想う。の続編。新しく小さな診療所を始めた桐子と病院に残ったものの閑職に追いやられた福原。別々の道を歩みながらも、あるカップルが偶然にも2人を引き合わす。今回は上下に分かれていて、とあるチャラ男の死ととある母の死ととある医者の死の3編。続きが気になるところで終わったからこのまま下へ→2020/05/31

ぷう蔵

150
生きると言うこと。生まれたと言うこと。この世に「生命」を受け、存在することになったと言うことは、その生命を昇華していくべきものなのであろう。だが、「生」を受けたと言うことは、同時に「死」に行くことも約束されたと言うこと。生まれたら、必ず死ぬ、不老不死や永遠の命などは存在しない。生きる者、生きる物は全て必死に生きるべきもの、そう「必死」に生きるのだ。「生」にしがみついて病魔と闘うのか、限りがあるからこそ、その運命を受け入れ、残りの時間を穏やかに過ごすのか、どちらが有意義なのか?どちらが尊厳ある生き方なのか?2018/06/12

utinopoti27

137
『闘う気になっている患者はだれであれ全力で助ける。それが俺の仕事だ』必要とあらば延命措置も辞さずと福原。『長生きだけが患者の望みじゃない』あくまでも患者の気持ちに寄り添う桐子。今は別々の道を歩む、大学の同期だった二人の医師の視点が中心となって物語は進行します。エイズに感染した男女、末期癌に侵された母親、ちらつく死の影を目の前にして、人は何を強く願うのか・・。重いテーマをオブラートのように包む平易な文章が特徴の本作、福原と桐子の幼少期に何があったのか、核心に迫る下巻へGO!2019/05/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12778753
  • ご注意事項
 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす