MFC ジーンピクシブシリーズ<br> 台所のドラゴン 1

個数:1
紙書籍版価格 ¥605
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

MFC ジーンピクシブシリーズ
台所のドラゴン 1

  • 著者名:みよしふるまち【漫画】/縞田理理【原作】
  • 価格 ¥605(本体¥550)
  • KADOKAWA(2018/03発売)
  • ブラックフライデーの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784040697673

ファイル: /

内容説明

1980年代、東欧。日本人留学生・ののが買ってきた卵から孵化したのは、トカゲのような生き物。成長するにつれて、伝説のドラゴンに近づいていき…。一人と一匹が暮らす、欧州舞台日常ファンタジー。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

免疫力爆上げした ♪みどりpiyopiyo♪

42
ほんわか かわいいお話を読みました。マンガだよ。女の子が異郷の地で出会った小さな生き物。静かで温かな日々。 ■時間がゆっくり流れる感じがいいね。合間に挟まる原作者のコラムも楽し♪ 東洋と西洋のドラゴン観の違い とか、キリスト教以前の西洋のドラゴン観 とか。なるほど〜。■縞田理理さんの原作・原案が良いんだなぁ。溢れるドラゴン愛♪ 設定が違うという原作の小説(ショートショート)も読んでみたいです。みよしふるまち さんの可愛らしい絵も好きです ( ' ᵕ ' ) (2018年)(→続2019/05/07

ネムコ

28
日本人の留学生少女と一人ぼっちのドラゴンの交流の物語。ドラゴンが森の動物達にとってどんな存在なのかが謎。小さなドラゴンの前にドテッと横たわり「食べて!」とボディーランゲージする年老いたフクロウが笑える。あと、生肉を見つけたドラゴンが火を吐いて、表と裏を焼いて食べるのが可愛い。2019/01/05

瀧ながれ

28
借りていた部屋に落ちてた卵からうまれたのは、羽根のあるトカゲだった、というかわいらしいあらすじに魅力を感じたら、原作が縞田理理氏だった、これはおもしろいぞ!わくわく。そして読んでみたらほんとにおもしろかった。日本からの留学生で一人暮らしのののさんが、ぎこちなく近所の人たちと交流する姿や、先住者の小さなトカゲ(ヤモリ?)を「先輩」と呼んだり、怖いもの知らずの仔ドラゴンの行動に一喜一憂したりするのが、穏やかな日常として描かれていて、すごく気持ちいい。留学目的である絵画への思いも、じっくりと考えさせられる。2018/07/14

しましまこ

22
遊んでと目をキラキラさせる、ドラゴンのかわええこと!2018/03/31

ホシナーたかはし

18
知らない異国の地で、謎の生物との遭遇、共存。ふくろうと老教授が似ていて、私的に本作の一番のツボwおまけ四コマも面白かった。次がいつになるのか、二巻はそれ次第。2018/07/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12683560

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。