角川コミックス・エース<br> ピヨ子と魔界町の姫さま(1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥638
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

角川コミックス・エース
ピヨ子と魔界町の姫さま(1)

  • 著者名:渡会けいじ【著者】
  • 価格 ¥638(本体¥580)
  • KADOKAWA(2018/03発売)
  • お盆休みの読書に!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/13)
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041067055

ファイル: /

内容説明

日本のどこかにある魔界町――住むのは異種族たちです。 この漫画は、そこに引越してきた人間のピヨ子と、独創的かつやんごとなき「魔界の姫さま」がこの町を堪能しつくす、異世界系(?)日常ギャグなのです。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あなほりふくろう

13
これ岸○田ですよね?大○府の岸和○市ですよね?噂には聞いていたけど、あそこやっぱり魔界だったんですねモラル崩壊な実情がよくわかりました……な渡会さん新作は魔界ファンタジー…?をはなから放棄しての日常?ギャグ。もとが一枚絵で笑わせる人なだけに、ただただギャグの瞬発力と破壊力はすさまじい。姫さまの徹頭徹尾飾らない言動が素敵すぎるし、ピヨ子も大概イカレテルし割とピヨ子の方が狂ってるまであるしw 龍造寺さん回の「靴舐めます」から「貝獲ってるの見ました」の展開にはさすがにピヨ子にドン引きでしたwww2018/03/25

leo18

5
魔界の住人が暮らす魔界町を舞台にした日常コメディ。高貴で庶民派な姫さまやサイコパス感漂うひよ子のキャラがツボ。2018/04/05

わびすけ

5
姫さまの常軌を逸した思考回路に頭の中を覗きたくなる、魔界町の日々を描いたギャグ漫画。目的の為なら手段を選ばない(上手くいくとは言ってない)姫さまもすごいけど、それに付いてこれるピヨ子も相当ヤベー奴で狂気に狂気を重ねがけしてくるやり取りがキレッキレでクセになる面白さ。2018/03/27

nais

3
面白かった。姫様の奔放さとピヨ子ちゃんの全肯定がひどい相乗効果をもたらしている。魔王城がとても昭和。キャッチボールが派手にささってしばらく咳き込んだ。2019/01/03

東晃

3
このデザインのキャラクターでその所業、正気か?というお気持ちが常に続く。最高だよ 星四つ2018/03/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12719688

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす