文春e-book<br> 有名人への涙が止まらない弔辞38 シリーズ昭和(6)追悼編

個数:1
紙書籍版価格 ¥875
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

文春e-book
有名人への涙が止まらない弔辞38 シリーズ昭和(6)追悼編

  • 著者名:文藝春秋・編
  • 価格 ¥662(本体¥602)
  • 文藝春秋(2018/02発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/31)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

有名人への涙が止まらない弔辞38
―鮮やかな人生に鮮やかな言葉―

【華やいだ昭和のあの人への弔辞】
◎石原裕次郎へ 勝新太郎「兄弟、おまえ好きに言えよ」
◎美空ひばりへ 中村メイコ「あなたは天からの使者」
◎赤塚不二夫へ タモリ「私もあなたの作品の一つです」
◎森光子へ 黒柳徹子「五十年やさしくして頂きました」
◎渥美清へ 倍賞千恵子「寂しいよ、お兄ちゃん」
◎手塚治虫へ 加藤芳郎「二月九日は『治虫忌』」
◎逸見政孝へ 山城新伍「ほしい男をなくしたものだ」
◎本田美奈子へ 岸谷五朗「頑張れ、頑張れって言ってごめんね」
◎青島幸男へ 谷啓「青ちゃん……タニだあ……」
◎植木等へ 小松政夫「おやじさん。みんなが笑っている葬式です」
◎坂上二郎へ 萩本欽一「ただいま飛びます」
◎フランキー堺へ 小沢昭一「君はいつだって『お先に』」だ
◎ミヤコ蝶々へ 森田健作「先生、息子の健作です」
◎杉村春子へ 新藤兼人「ひとすじの道をまっすぐに」
◎立川談志へ 石原慎太郎「あばよ、さよなら談志師匠」
◎三國連太郎へ 佐藤浩市「最後の教え」
◎ハナ肇へ 山田洋次「ほんとうは喜劇が難しい」
◎横山ノックへ 上岡龍太郎「あなたはみんなの太陽でした」
◎荒井注へ いかりや長介「飲む場所はあんたが決めといてくれ」
◎星野哲郎へ 水前寺清子「先生との約束の詩」
◎やなせたかしへ アンパンマン「今日は笑顔で先生に伝えたい」
◎三船敏郎へ 黒澤明「君は本当によく演った」
◎横山やすしへ 横山ノック「君はとっくに僕を追い越えていたよ」
【スポーツに賭けるあの人への弔辞】
◎木村拓也へ 原辰徳「一緒に戦うぞ、タクヤ」
◎青田昇へ 長嶋茂雄「忘れられない伊東キャンプ」
◎杉原輝雄へ 青木功「天国のゴルフ場」
◎三沢光晴へ 徳光和夫「四角いマットに刻んだ『自由と信念』」
◎川上哲治へ 王貞治「スランプの夜のお誘い」
【いぶし銀のあの人への弔辞】
◎司馬遼太郎へ 田辺聖子「少年の心と詩人の魂」
◎遠藤周作へ 安岡章太郎「信仰上の『父』遠藤」
◎向田邦子へ 澤地久枝「急ぎすぎじゃないの」
◎寺山修司へ 山田太一「本当にあの世というものがあるなら」
◎開高健へ 司馬遼太郎「後世を流れつづける大河」
◎橋本龍太郎へ 小泉純一郎「先生が、こんなに早く逝ってしまわれるとは」
◎渡辺和博へ 南伸坊「みんな、ナベゾが好きだった」
◎小津安二郎へ 里見とん「ひとこと愚痴を零す」
◎宇野千代へ 瀬戸内寂聴「骨の髄まで小説家」
◎中上健次へ 柄谷行人「故郷・新宮への愛と憎しみ」