ママ母手帳「お母さん二人いてもいいかな!?」の、これまで。 中巻

個数:1
  • 電子書籍
  • ポイントキャンペーン

ママ母手帳「お母さん二人いてもいいかな!?」の、これまで。 中巻

  • 著者名:中村キヨ【著】/中村珍【著】
  • 価格 ¥456(本体¥415)
  • 電書バト(2018/02発売)
  • たのしいひな祭り!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~3/3)
  • ポイント 120pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

新宿二丁目で拾った酔っ払いは、ネグレクト気味のシングルマザー。泣きやまない息子、育児で気が狂いそうな母親、無理解な主人公。幸せになれる日なんて想像できない、赤ん坊の泣き声が轟くだけの時間に疲れ果てる日々。
赤ちゃんは「たまに泣くけど大体いつも可愛くスヤスヤ眠るかおっぱい吸ってるだけの生き物」だと思ってたし、「母親は誰しも聖母で母性のパワーで育児が自然にこなせて穏やかに赤ちゃんを抱いているだけの神聖な存在」だと思ってた。
レズビアンの母親二人の育児『お母さん二人いてもいいかな!?』の前日譚シリーズ