幻冬舎単行本<br> 日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典

個数:1
紙書籍版価格 ¥990
  • Kinoppy
  • Reader

幻冬舎単行本
日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典

  • ISBN:9784344020375

ファイル: /

内容説明

紫式部、藤原道長、菅原孝標女、鴨長明……
「名前だけ知ってるあの人」が大好きになる教養コミック!
累計140万部突破のベストセラー『日本人の知らない日本語』著者、待望の最新刊!!

『日本人の知らない日本語』『日本人の知らない日本語2』が累計140万部のベストセラーとなった著者の、待望の最新作です。 日本文学上の有名人である「清少納言・紫式部・藤原道長・安倍晴明・源頼光・菅原孝標女・鴨長明・兼好・ヤマトタケル」の9人について、一般にあまり知られていない人物像をマンガで紹介します。笑ったり共感したりするうちに、古典そのものに興味がわく教養コミックです。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちはや@灯れ松明の火

297
千年の時の流れは現国を古典に変えるけど、人間の本質は大して変わらない。語り継がれ教科書に掲載されてるあの名作の作者ってどんな人?バカップルから自分の旦那まで容赦なしの毒舌エッセイスト清少納言、超売れっ子作家紫式部のネガティブ素顔、オタク魂全開厨二病時代を赤裸々に明かす菅原孝標女。兼好キラキラネームに苦言を呈し、鴨長明終の住み処について熱く語る。スーパー公務員安倍清明や平安戦隊頼光&四天王のモンスターバトルにときめくイケメン愛。キャラ読み常識、萌え上等、時を越え愛され続けるのは訳がある。日本文学よ永遠なれ。2012/07/15

エンブレムT

280
140万部突破のベストセラー『日本人の知らない日本語』の蛇蔵さんと凪子先生コンビによる、面白くって為になる日本文学古典編。竹を割ったような性格の清少納言やネガティブな紫式部、超人リーマンな安倍晴明に戦隊ヒーローを率いる源頼光・・・。古典作品が、というよりも、その作者に対してめちゃめちゃ興味が湧いてくるコミックエッセイ(?)でした。ええ。私も凪子先生と同じように『更級日記』の作者とは仲良くなれそうな気がする・・・などと思っちゃうほど、菅原孝標女ちゃんが身近に感じられました(笑)シリーズ化希望!2012/11/12

245
行きつけのレストランに置いてあったので読んでみました。漫画なのでとてもわかりやすいです。学生の時習った、当時は全く興味のなかった清少納言や紫式部・・・思っていた女性像と違っていたけれど何とかっこいい女性たちだったことやら・・ ☆学生時代に読めたならもっと興味を持って勉強に取り組めたのになあ・・学生の頃って何であんなに興味がないのでしょうか(笑)2014/07/27

masa@レビューお休み中

242
図書館でパラパラめくって気になっていた一冊。本屋で見つけたので、思わず購入してしまいました。かなりざっくりとした文学史なのですが、奈良時代から鎌倉時代にかけて活躍した人物が紹介されています。清少納言の『枕草子』からはじまり、紫式部の『紫式部日記』、藤原道長の『御堂関白記』、菅原孝標女の『更級日記』などなど、総勢9名が文学作品とともに紹介されています。かいつまんで作品の内容と作者や登場人物の性格まで紹介してくれるのです。勉強になるのはもちろんなのですが、人物を面白おかしく紹介しているのが魅力なんですよね。2014/07/01

hiro

201
蛇蔵さんと海野凪子さんの『日本人の知らない日本語』シリーズ4巻をすコンプリートし、この本が気になっていたので図書館で借りた。まずシリーズとは出版社が違うことに気づく。さらに、蛇蔵さんのあとがきにもあったが、コミックエッセイというよりは、コミック新書的な本だった。ふたりらしい古典の紹介本、入門本だと思うが、ただ、正直言って題名にある‘日本文学’の入門書としては中途半端な感じがする。『日本人の知らない日本語5』を期待します。2014/09/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4044053

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。