平凡社新書<br> ネオ階級社会はここから始まった

個数:1
紙書籍版価格 ¥792
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

平凡社新書
ネオ階級社会はここから始まった

  • 著者名:林信吾【著】/葛岡智恭【著】
  • 価格 ¥792(本体¥720)
  • 平凡社(2017/12発売)
  • 山の日の3連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/10)
  • ポイント 175pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

一九七四年は、日本社会の転換点となるべき年であった。一九七三年のオイルショックを乗りこえ、その翌年、日本経済は世界に先駆けてV字回復を遂げたかに見えた。しかし、高度経済成長の記憶から離れられなかった当時の日本人は、「日本型」「日本人独自の」「日本らしく」といったやり方で危機を乗りこえられると思い込み、転機を見過ごしてしまったのだ。いかにして「会社主義」「総中流神話」が崩壊し、ネオ階級社会が広がっていったのかを検証する。

目次

第1章 この国の「戦後」のかたち
第2章 「会社主義国」ニッポン
第3章 夢の時代の終焉
第4章 それでも日本人は戦争から目をそらした
第5章 「みんな中流」だったのか
第6章 「日本型」の幻影を断て