本当にこわい宮廷の物語 西洋の「大奥」

個数:1
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

本当にこわい宮廷の物語 西洋の「大奥」

  • 著者名:桐生操【著】
  • 価格 ¥486(本体¥450)
  • アドレナライズ(2017/11発売)
  • 晩秋のウィークエンド Kinoppy電子書籍・電子洋書全点ポイント25倍キャンペーン(~11/19)
  • ポイント 100pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

命がけの不倫、哀しき寵姫の末路……。絢爛たる世界に繰り広げられる、愛と憎しみの絵図。ヴェルサイユ宮殿の裏事情、王侯貴族の結婚、世継ぎ誕生にまつわる権謀術数などなど、陰惨なドラマとエロティシズムもふんだんに描かれる。閉ざされた宮廷からみた異色の西洋史。
第1章 ヴェルサイユ宮殿を覗き見る
第2章 王と王妃の絢爛たる日常
第3章 華麗で哀しい寵姫の世界
第4章 愛と憎しみの火花の行方
第5章 王妃の優雅でユーウツな日々
第6章 やがて淋しき寵姫の末路

●桐生操(きりゅう・みさお)
パリ大学(ソルボンヌ大学)、リヨン大学に留学。主にフランス文学、歴史を専攻。帰国後、西洋史人物の評伝を初め、歴史の裏面に隠された興味深いエピソードを次々と発表して、好評を博す。ミリオンセラーになった『本当は恐ろしいグリム童話』をはじめ、『世界ボーイズラブ大全』『世界エロス大全』『美しくもしたたかな女たちの源氏物語』『やんごとなき姫君たちの秘め事』『魔性のダンサー ローラ・モンテス』など、著書多数。