バンブーコミックス<br> 麻衣の虫ぐらし(1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥902
  • Kinoppy
  • Reader

バンブーコミックス
麻衣の虫ぐらし(1)

  • 著者名:雨がっぱ少女群【著】
  • 価格 ¥902(本体¥820)
  • 竹書房(2017/11発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784801960909

ファイル: /

内容説明

断筆宣言から9年――。
伝説の絵師・雨がっぱ少女群の中で
新たな美少女たちが芽吹きだす。

天真爛漫でいつものほほんな、職探し中の麻衣。
孤独な生い立ちを抱えつつ、
祖父とふたり暮らしをしながら、農業を営む菜々子。
この土地に生息する虫の保護活動に力を注ぐ来夏。
虫と戯れ、虫に翻弄される、彼女たちの軽やかな日々。

CONTENTS

episode01 ナミテントウ
episode02 チャミノガ
episode03 クロナガアリ
episode04 ヒメギフチョウ
special edition 写真撮影
episode05 モンシロチョウ
episode06 クビキリギス
episode07 ヤマトシミ
episode08 マネキグモ
episode09 センチュウ
episode10 オオタバコガ
episode11 マメハモグリバエ
episode12 アブラゼミ
episode13 ヘイケボタル
episode14 ヒメジャノメ
episode15 タバココナジラミ

描き下ろし漫画も満載!
★単行本カバー下イラスト収録★

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

可愛いだけじゃない西郷さん

26
職を失って就活中の女の子が農家の友人を手伝いながら虫を知り虫と戯れる話。表紙を見たときにティンときて購入しましたがこれは当たりだったように思います。農作物が作られて自分の口のなかに入るまでに益虫から害虫まで様々な虫が関わっているんだなというのがよく分かりました。しかしまあ、ほのぼのした描写を交えつつ最後に泣かせにかかってくる技量はさすがですね。この著者の作品は初めて読みましたが気に入りました。次があれば読みたいです。2017/11/12

イーダ

14
「ロン先生の虫眼鏡」みたいなのだと思ってたら「鉄腕D〇SH」よりの話だった。女の子が虫に対してワーキャー言いながらも頑張ってたりサービスシーンも多かったりしますが、おじいさんの病状の変化の描き方が秀逸で、ワーキャーとか全部吹っ飛んじゃうくらい切なかったです。これは良いものですよ!ぜひ読んでみてください。2017/12/09

雪見だいふく

10
最後かなり重たい展開になっており、どんな続き方になるのか心配。 麻衣の家庭環境にも何かありそうだが次で出てくるのだろうか?2019/01/20

コリエル

9
安倍吉俊系のお気楽漫画風に始まり、そしてやはり同じようにシリアスな方向へ。野菜や虫といった命をテーマに取り扱う作品なので、半端な気持ちでは描けないということであろうか。短いページながら、お祖父さんの生き様を描ききった1巻だった。2018/11/05

不璽王

9
萌え主体の漫画で真面目なテーマ取り扱おうとすると、そのテーマ自体から異物感が出て作品のバランスが壊れることがあると思うんですけど、雨がっぱ少女群のリアル寄りの萌え絵はそのあたりのバランスがちょうどよいです。可愛い女の子、虫観点から見る農業、それとおじいちゃんという要素が互いに食い合うことなく作品内で共生してて、端的にいうとめちゃくちゃ面白かった2017/12/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12272806

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす