大惨事と情報隠蔽 原発事故、大規模リコールから金融崩壊まで

個数:1
紙書籍版価格 ¥3,024
  • Kinoppy

大惨事と情報隠蔽 原発事故、大規模リコールから金融崩壊まで


ファイル: /

内容説明

福島第一、トヨタ・リコール問題、メキシコ湾原油流出、サブプライム危機、エンロン事件……

業種も時代も超える、大惨事の共通項が明らかに!

人はなぜ《危険》を隠したがるのか?
リスクの無視、非共有、あからさまな隠蔽を、人々にさせる組織の特徴とは?
それらはどのように、「想定外の大惨事」へと結びついていくのか?

原発事故や原油流出などの工業分野の大事故だけでなく、軍事的失敗や感染症大流行などの社会的事件、自動車の大規模リコールや医療製品不正製造などの消費者問題、さらには銀行破綻や金融崩壊などの経済危機まで、幅広い分野の事例を検証。それら大惨事に共通する人的要因=情報隠蔽の実態を明らかにし、その原因と対策を示す。

〔本書で扱う事例〕
ヴィオントダム災害(1963年、イタリア)
スリーマイル島原子力発電所事故(1979年、アメリカ)
ボーパール化学工場ガス漏れ事故(1984年、インド)
スペースシャトル・チャレンジャー号爆発事故(1986年、アメリカ)
チェルノブイリ原子力発電所事故(1986年、ソ連)
エクソン・ヴァルディーズ号原油流出事故(1989年、アメリカ)
ウファ鉄道事故(1989年、ソ連)
ラスパドスカヤ炭鉱爆発事故(2010年、ロシア)
福島第一原子力発電所事故(2011年、日本)
水俣病(1932-1968年、日本)
サバールのビル崩壊事故(2013年、バングラデシュ)
ディープウォーター・ホライズン油流出事故(2010年、アメリカ)
ベアリングス銀行の破綻(1995年、シンガポール・イギリス)
エンロン事件(2001年、アメリカ)
サブプライム住宅ローン危機(2007-2008年、アメリカ)
ドイツ軍侵攻に備えられなかったソ連赤軍(1941年、ソ連)
SARSの世界的流行(2003年、中国)
クルイムスク地区の洪水(2012年、ロシア)
豊胸用シリコンの不正製造(1993-2010年、フランス)
トヨタ大規模リコール問題(2000年代、アメリカ・日本)
フォルクスワーゲン・ディーゼル排出ガス不正(2000年代-2010年代、アメリカなど)
ソニーのバッテリー・リコール問題(2006年、世界規模)ほか