センサーシティー - 都市をシェアする位置情報サービス

個数:1
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

センサーシティー - 都市をシェアする位置情報サービス

  • 著者名:神武直彦【監修】/中島円【著者】
  • 価格 ¥1,296(本体¥1,200)
  • インプレスR&D(2017/09発売)
  • 秋分の日の三連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 ポイント25倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 300pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

スマホや車、家電、POSなど今や都市に暮らす市民はデジタルデータを発信するセンサーに囲まれて暮らしています。ポケモンGOに代表されるAR、シェアリングエコノミーなど都市の空間とサイバー空間上のデータが密接に結びついた新サービスもこうしたセンサーから発せられるデータに支えられて成立します。そして今や都市に住む人たちはデータをシェアし、それがまた新たな人や車の流れを生み出し、さらに市民自身が能動的にデータを活用するというデータの循環モデルも形成されようとしています。サイバー空間と都市空間のシームレスになり、新たな「共創」の世界を創るセンサーシティー。本書は位置情報を中心とするメディアサービスや都市の取り組み事例を通して、センサーシティーの一端を解説します。
【目次】
Chapter1 リアル&サイバー空間に広がるデータ循環社会とメディア
 1.1 データ循環モデル
 1.2 都市における変容するメディア
 1.3 シームレス化するメディア
 1.4 シームレスメディアを支えるセンシング&マッピング
Chapter2 センシング&マッピングが街の魅力を創る
 2.1 2020年、IoTはどこまで東京に貢献できるか
 2.2 ライバル都市のチャレンジ
Chapter3 都市のメディア化の主役は「市民」
 3.1 市民テクノロジーとそのパワー
 3.2 都市アーカイブ
 3.3 シェアリングエコノミーの台頭
 3.4 街歩きやショッピング、スポーツによるまちづくり

目次

Chapter1 リアル&サイバー空間に広がるデータ循環社会とメディア
 1.1 データ循環モデル
 1.2 都市における変容するメディア
 1.3 シームレス化するメディア
 1.4 シームレスメディアを支えるセンシング&マッピング
Chapter2 センシング&マッピングが街の魅力を創る
 2.1 2020年、IoTはどこまで東京に貢献できるか
 2.2 ライバル都市のチャレンジ
Chapter3 都市のメディア化の主役は「市民」
 3.1 市民テクノロジーとそのパワー
 3.2 都市アーカイブ
 3.3 シェアリングエコノミーの台頭
 3.4 街歩きやショッピング、スポーツによるまちづくり