角川学芸出版単行本<br> 憎悪と愛の哲学

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,728
  • Kinoppy
  • Reader

角川学芸出版単行本
憎悪と愛の哲学

  • 著者名:大澤真幸【著者】
  • 価格 ¥1,728(本体¥1,600)
  • KADOKAWA(2017/09発売)
  • ポイント 16pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

愛する人を憎め。
日本人には、憎悪が足りない。

イスラーム過激派テロから、原爆投下の裏面史まで。
縦横無尽な論証で社会学の最重要概念を更新する、
「神」「資本主義」「歴史」をめぐる思考の冒険。

 第1章 資本主義の神から無神論の神へ
 第2章 憎悪としての愛

「経験や行動は、できるだけ浅く、短いところに、思考を着地させようとするのだ。
経験と行動が発する重力に負けて、着地してしまうと、思考の明晰性が届かない
領域が広く取り残されることになる。だが、このとき、もし〈概念〉をもっていれば、
思考はその分だけ遠く飛ぶことができる。」  ――「まえがき」より