ビッグコミックススペシャル<br> 妖女伝説(1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy

ビッグコミックススペシャル
妖女伝説(1)

  • 著者名:星野之宣【著】
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 小学館(2017/08発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784091873996

ファイル: /

内容説明

歴史の裏や伝説の影に、魔性の女たちが潜んでいる。狂気にも似た愛のために、ときに死をもたらし、ときに時代すら超える女性たちを描く連作短編傑作! 熱い要望に応え、「月夢」「日高川」の雑誌掲載時のカラーページを再現した完全版。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

sin

52
妖という字に“女”がつくのは必然なのだろう。かなり以前に読んだ作品ではあるが今も色褪せないのは創作とはいえ描かれた女達の執念なのか…などと見当違いのことを考えてしまうのは、舞台は違えどいずれも強烈な個性を見せられたせいなのだろう。そして人の想いの強さと儚さが感じ取れる作品だと思う。2015/12/03

たら

3
むかし大好きだった漫画を、懐かしくなり再読。神話や歴史上の人物との融合。一話一話、とてもクオリティが高い。1巻は、かぐや姫の話が好き。2018/01/02

めぐみ

2
レインマンからの本作。妖女達の魅力もさることながら、昔話とSFの融合、史実のSF的解釈など、作者の着想と構成力が冴え渡る短編集。素晴らしい。2016/07/09

Tomoko

1
前半4編が面白い。特に『月夢』と『日高川』という日本題材の短編が素晴らしい。馴染み深い物語だから尚更か。安珍清姫好きなのでそうきたかと。 『メドゥサの首』のゾクゾク感と、『ローレライの歌』のラストのまさか感にしてやられた。 2も読みます。2017/03/12

ぴー

1
色々な時代に様々な国の神話や歴史を組み合わせた独特の世界観で作られる短編集でとても読み応えがあった。月夢とボルジア家が特にゾクゾクするかな。俗を捨てきれない人間の妄執が感じられてとても怖い2016/08/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9893573

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす