岩波新書<br> 大学とは何か

個数:1
紙書籍版価格 ¥946
  • Kinoppy
  • Reader

岩波新書
大学とは何か

  • 著者名:吉見俊哉
  • 価格 ¥902(本体¥820)
  • 岩波書店(2017/08発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784004313182

ファイル: /

内容説明

いま,大学はかつてない困難な時代にある.その危機は何に起因しているのか.これから大学はどの方向へ踏み出すべきなのか.知のメディアとしての大学を,中世ヨーロッパにおける誕生から,近代国家による再生,明治日本への移植と戦後の再編という歴史のなかで捉え直し,大学の理念を再定義する画期的論考.

目次

目  次

 序章 大学とは何か

 第Ⅰ章 都市の自由 大学の自由
  1 中世都市とユニヴァーシティ
  2 学芸諸学と自由な知識人
  3 増殖と衰退──大学の第一の死

 第Ⅱ章 国民国家と大学の再生
  1 印刷革命と「自由な学知」
  2 「大学」の再発明──フンボルトの革命
  3 「大学院」を発明する──英米圏での近代的大学概念

 第Ⅲ章 学知を移植する帝国
  1 西洋を翻訳する大学
  2 帝国大学というシステム
  3 「大学」と「出版」のあいだ

 第Ⅳ章 戦後日本と大学改革
  1 占領期改革の両義性
  2 拡張する大学と学生叛乱
  3 大綱化・重点化・法人化

 終章 それでも、大学が必要だ
   あとがき
   主な参考文献

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

超運河 良

21
教育は時代に応じて変化していく。戦後は皆で助け愛ながら発展していく時代、今現在は助け愛、協力という部分をなくして競争によって上に行く弱者切り捨て型の教えを広めて多くの学生が同じ思想をもって量産型のとして社会に出されて行く。大学とは学生向きの人が最後の4年間で社会向きの人に変えていくことでより豊かな社会を作り上げていく人財を育てていくことがこれからの時代の教育になる。自由奔放というイメージが教育から皆で協力してたくさんの経験ができる機関に変えていくことで世の中はこうですよって身を持って教えると楽しくなりそう2015/11/22

浅香山三郎

17
大学の起源から現在までをまじめに位置付け、大学といふシステムの未来を考へる。国家よりも古い起源をもつヨーロッパの大学とは違ひ、国民国家に支へられてきた日本の大学の特質を指摘。近代国民国家と連動した「教養」ではなく、中世の「自由学芸」に近い新たな知の再構造化にひとつの方向性を見出してゐる。2020/07/26

かんがく

12
中世都市の大学の誕生、近代国民国家における大学の復活、日本における明治〜現在の大学の変化。この3つを中心に大学とは何かを見ていく。教養が衰退し、学生の質が劣化しているのは悲しい。学問・研究の場である大学と、職業のための高等教育機関を分けるべき。2019/09/07

gogo

11
中世以来の西洋における大学の歴史と、明治期以降の日本の大学の歴史と現状を概観した新書。このうち前者の概説は、同筆者による『「文系学部廃止」の衝撃』の中盤とかなり重複している。本書を先に読むべきだった。筆者は、今日の日本の大学が、私塾、帝大、専門学校、米国式大学院などを加算し、折衷させた姿であると述べている。本文では書かれていないが、その歪みが、今の大学が抱える問題の根源にあるのだろうと思った。2016/03/17

isao_key

9
中世ヨーロッパにおける大学の誕生から衰退を経て、ベルリン大学で人材育成と研究開発の両面で国家支援を受けながら、総合的な高等教育研究機関としての再生を遂げる。このドイツのモデルが英国、北欧、北米に拡がり、近代日本の大学もこの概念を移植することによって誕生した。アメリカでは新たに大学院を発明し、ヨーロッパ的大学概念を凌駕する必要があった。教授は研究者であることが求められた。この発明が世界に波及し現在まで続く標準となる。日本の大学院設置は、90年代以降の日本の高等教育政策の失敗が集約的に現れる場所となっている。2016/05/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3459510

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。