よんでますよ、アザゼルさん。(14)

個数:1
紙書籍版価格
¥628
  • 電子書籍
  • Reader

よんでますよ、アザゼルさん。(14)

  • 著者名:久保保久【著】
  • 価格 ¥759(本体¥690)
  • 講談社(2017/07発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063546477

ファイル: /

内容説明

佐隈にかけられた“呪い”の正体が明らかに!? 初めて語られる佐隈の生い立ち。呪いを解き明かすヒントは「乳を探れ」――?? さらに誰もが知る最も有名なあの悪魔が初登場。表紙が絵本風の今巻も爆笑必至のギャグてんこ盛りですよ!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

sskitto0504

5
実は親父悪いやつじゃなかったな…無職なだけに安定収入…2017/10/10

チューリップ

4
さくまさんの呪いは過去に介入したアザゼルさんのせいだったと判明。結局父親は何の関係もなくて今後も出てくる事はないのかな。ギャグだからあんまりシリアスな方向には向かわないんだな。次はサタンの話。2022/11/09

袖崎いたる

4
ひさびさに読んだな、これ。やっぱりサイコーやわ。作者のセンスに脱帽すぎる。アザゼルのツッコミ連弾もキレッキレやったわ。……そしてもう全てが小野坂昌也の声で再生される。。。2022/02/05

ぬ(ぬ)

2
いま明かされる、さくまの過去…って何コレ?これでさくちゃんの過去については決着ついたの?そもそもアザゼルさん、どうして過去に介入できてるの?いや〜、ここに至るまでのアクロバティックすぎる流れも含めて、マジで作者はどういう思考回路しているのだか…w 2020/08/09

オジャオジャ

1
尻尾からペペローションは草。サタンのグリモア小山内君の手に。2017/12/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11958105
  • ご注意事項