RIDERS CLUB - 2017年8月号 No.520

個数:1
  • Kinoppy

RIDERS CLUB - 2017年8月号 No.520

  • 著者名:エイ出版社
  • 価格 ¥713(本体¥649)
  • エイ出版社(2017/07発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

●巻頭特集 ネイキッドのスポーツ性を追求
ネイキッドといえばスチールフレームにオーソドックスな4気筒エンジンを搭載し、リヤ周りは2本サスにハンドルはアップハンドル。
CB、XJR、ZRX、GSXという昔ながらのビッグネイキッドが定番でした。
しかし、この流れが変わってきています。
排気量を問わず、ライダー自身の用途に合わせて選べるモデルが増え、スタイルも自由になってきました。
ホンダはCBシリーズを貫くものの、ヤマハはMTシリーズにシフトし、カワサキはZとニンジャの二刀流で勝負。
スズキはGSX-1000シリーズに加え、得意のナナハンもラインナップ。
外車勢はさらに個性的なラインナップを誇ります。
ネイキッドのトレンドは変わり始めているのです。
そこで今回はそんなネイキッドバイクの歴史から、カスタム、そして乗りこなし方を特集します。

●DUCATI 1299スーパーレッジェーラ試乗
156㎏/215hpという見たことも聞いたこともないスペックを発揮する世界限定500台のスーパーレッジェーラに試乗。
 カーボン、マグネシウム、チタンを贅沢に使って超軽量を達成し、
市販ドゥカティ史上最大パワーである215hpを発揮するスーパーバイクの実力とは!?

●「大人の250スポーツ! 」
スポーツ250㏄最後発であるホンダCBR250RRが発売され、いよいよこのカテゴリーの争いが熾烈に……
しかし、メーカーごとに求めるべき性能、ターゲットとするユーザーは異なり、実に個性的なラインナップとなっています。
また、今回は外車もこの争いに参入。
比較テストを行い、ポテンシャルを向上させるためのアイテムも紹介します。
登場車種:CBR250RR、YZF-R25、GSX250R、Ninja250、G310、RC250

●R/Cインプレッション
・ヤマハYZF-R6 600㏄クラス唯一のブランニュースポーツが上陸。テストしました。
・CBR1000RR SP 超ハイグリップなスリックタイヤを履いてテスト。スリックタイヤが見せるさらに奥深い世界とは……

★その他
・ネモケンに聞け 知りたかったバイクトリビアが分かる
・ビッグバイク乗りこなし自由自在
※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数548件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす