経済ニュースの「なぜ?」を読み解く11の転換点 教養としてのバブル熱狂と閉塞感の - 裏側

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,620
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

経済ニュースの「なぜ?」を読み解く11の転換点 教養としてのバブル熱狂と閉塞感の - 裏側

  • 著者名:田村賢司【著】
  • 価格 ¥1,620(本体¥1,500)
  • 日経BP(2017/06発売)
  • 令和初!初夏のKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~5/26)
  • ポイント 450pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

今の日本経済を正しく理解するために
過去の「転換点」を深く知る――
「日経ビジネス」の人気連載、待望の書籍化!

バブル経済、デフレ、人口減少・・・。
ビジネスの現場でよく使われるわりには深く知らない経済のキーワード。
学校で体系的に教わらない知識の盲点です。

教養として知らないと恥ずかしいだけではありません。
過去への理解が浅ければ、現状認識を誤り、仕事の成否に関わります。
本書では、そんな11のキーワードを歴史の転換点を探りつつ整理します。

【本書の特長】
(1)「テーマ別年表」
 11のキーワードすべてにテーマ別年表を用意。重点的に知りたい分野の流れを追うことができます。
(2)「図表」を豊富に用意
 地価や賃金などの推移のデータから、立体的に理解を深められます。
(3)「歴史の転換点」をしっかり明示
 アジア通貨危機と日本の賃金低下の関係など、断片的になりがちな知識の因果関係をクリアにします。
(4)各章に「ポイント」
 各章の冒頭で、要点を箇条書きにまとめました。

【主な内容】
 ● バブル経済・・・元日銀理事は、今も苦悩する
 ● デフレ・・・20年間で、日本人の賃金は平均14%下がった
 ● 人口減少・・・「少子化」の“初観測”は1992年
 ● 日米経済摩擦・・・繊維は生き残り、半導体は撃沈した
 ● 日本型経営・・・松下電器元社長は、香港の倉庫で驚嘆した  ほか