団塊の後(毎日新聞出版) - 三度目の日本

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,728
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

団塊の後(毎日新聞出版) - 三度目の日本

  • 著者名:堺屋太一
  • 価格 ¥1,279(本体¥1,185)
  • 毎日新聞出版(2017/06発売)
  • 勤労感謝の日 Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~11/26)
  • ポイント 275pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

エコノミスト連載の「三度目の日本2027」の電子書籍化。ベストセラー「団塊の世代」の堺屋太一氏が、団塊がリタイアした後の日本の姿を描く予測小説。物語は、東京五輪の5年後の2026年1月から始まる。2020年の東京オリンピックを待たずして、日本経済は深い停滞期に入る。この状態に2025年に首相に就任した若き首相の徳永好伸は、「経済成長を気負わず、数値を気にせず、外国と競わず」の「身の丈の国・日本」を掲げる。一方、それに大反対する大阪を基盤とする国政政党を率いる大阪都知事の杉下晋三久は、日本は断固「世界の主要なプレーヤー」にとどまるべきと主張し、「日本の倫理と仕組みと仕方の全面改革」を提唱し、「三度目の日本」を作ることを目指す。これが、この小説のタイトルでもある「三度目の日本」である。