新書太閤記 七

個数:1
  • Kinoppy

新書太閤記 七


ファイル: /

内容説明

吉川英治の長編の歴史小説。若き日の豊臣秀吉。貧しい家に生まれ、その容貌から「猿」と蔑まれた秀吉が己の才覚だけを武器に出世を重ね戦乱の世にはばたく。現代の処世術にも通じるピンチをチャンスに変える考え方とは。ひたすら母のため家族のためにと思い、働く姿は日本人そのもの。七巻は明智光秀の葛藤。信長からの非情な仕打ちに苦悩する光秀だが、ついに謀反を決意。迫る本能寺の変。そして壮絶なる信長の最期。やがて各将に知らせが届くが秀吉は中国攻めのためはるか遠方に。どうする秀吉。