南方熊楠/柳田國男/折口信夫/宮本常一

個数:1
紙書籍版価格 ¥3,190
  • Kinoppy
  • Reader

南方熊楠/柳田國男/折口信夫/宮本常一

  • ISBN:9784309728841

ファイル: /

内容説明

民衆の紐帯であり自然の宝庫でもある社(やしろ)の破壊に反対する、南方熊楠の画期的論考「神社合祀に関する意見」。
伊良湖岬の浜辺で目にした椰子の実から日本人の来し方を想起する、柳田國男「海上の道」。
後に中将姫と呼ばれる藤原南家の姫君と、非業の死を遂げた大津皇子の交感を軸に綴られる、折口信夫「死者の書」。
近代女性の生き様を活写する「海女たち」「出稼ぎと旅」「女工たち」ほか、宮本常一「生活の記録」。
神話、伝承、歴史、生活、自然など、日本のすべてを包摂する厖大な文業から、傑作29篇を精選。

【ぼくがこれを選んだ理由】
民俗学は文学のすぐ隣にある。
南方熊楠の鎮守の森を擁護する論は今のエコロジーにつながっている。
 柳田國男と宮本常一の論考を連ねると、正面から描かれた近代日本人の肖像が見えてくる。
 折口信夫はもうそのまま文学。読んでいると古代の日本人とすぐにもハグできるような気持になる。(池澤夏樹)

解説=池澤夏樹
解題=鶴見太郎
月報=恩田陸・坂口恭平

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

86
日本の民俗学を牽引してきた4人による文章です。これを文学全集の括りにするのに異存はありません。民俗学は手強いところがありますが、生活に密着しているからこそ興味深い学問です。柳田国男は矢張りこの分野の第一人者という印象でした。宮本常一の生活に根ざした考察も面白かったです。難しさは伴うものの、日本人の文化に根ざした独特さに引き込まれました。この分野はもっと追求していきたいところです。2016/02/12

KAZOO

66
日本の民俗学の大家4人の作品が収められています。これだけの人のを1冊に収めるるなんていいですね。中央公論社の日本の文学にもありますが、たぶん宮本さんが這いいていなかったのでは(?)。まあ昔、柳田、折口、宮本などここにはいっているのは結構読んでいるのですが、1冊に入っているので再度読みました。文学作品的には折口の作品が一番ですが、柳田、宮本の作品も読み応えがあります。2015/05/20

ぐうぐう

24
民俗学の巨人達を収めた日本文学全集14巻。南方熊楠の関連本には必ずといっていいほど紹介されている神社合祀反対のエピソードだが、「神社合祀に関する意見」の全文を読んだのは、これが初めて。理路整然とはしているものの、文面からは熊楠の熱さが迸っている。そんな熊楠の神社合祀反対運動を、学問の時間が少なくなると窘めたとされる柳田國男だが、詩人としての顔を持つ柳田よりも、折口信夫のほうが、文学的な香りが濃厚だ。それほどに「死者の書」は圧巻の貫禄を放っている。(つづく)2015/04/26

starbro

23
池澤夏樹=個人編集 日本文学全集全30巻完読チャレンジ第四弾です。宮本常一は初読です。民俗学や文化人類学は興味のあるジャンルなので、ボリュームの割には楽しく読めました。柳田國男は本来は遠野物語ではと思いつつ、宮本常一の生活の記録の連作が一番良かった気がします。2015/05/03

ぐっちー

17
長年、手強そうだから読まずにいた巨人たちが一冊にまとまって、四苦八苦しながらどうにか読了。宮本常一の生活に即した記録、特に姉家督の話なんかは、『絡新婦の理』を読んだ後だったから凄く興味深かった。また時間を置いて、ちょっとずつ読み返したい。2015/09/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8324541

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。