文春文庫<br> ともえ

個数:1
紙書籍版価格 ¥814
  • Kinoppy
  • Reader

文春文庫
ともえ

  • 著者名:諸田玲子
  • 価格 ¥804(本体¥731)
  • 文藝春秋(2017/04発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

源平から元禄。時空を越えたファンタジー

近江義仲寺で運命的な出会いをした松尾芭蕉と智月尼。
最晩年の芭蕉のプラトニックな関係と、巴御前との魂の交感を描く歴史時代小説。

大津にある義仲寺、その境内にある巴御前の塚に額ずく一人の尼に、
声を掛けたのは旅の途中の松尾芭蕉であった。
そして芭蕉最後の恋が始まるのだった。

その尼・智と芭蕉の淡い恋に、遥か五百年の時空を越えて
巴御前と木曾義仲の縁が美しく絡む。
近江と鎌倉を、そして過去と今を往還する純愛ファンタジー。

解説・島内景二