カドカワBOOKS<br> ジャンキージャンクガンズ~鉄想機譚~

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

カドカワBOOKS
ジャンキージャンクガンズ~鉄想機譚~

  • ISBN:9784040721903

ファイル: /

内容説明

魔法を使うのに必要なのは――金(ゴールド)? 敵の銃とロボと金は奪って糧にして使い潰す破天荒な少女魔術師が、荒野を征く!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

真白優樹

6
魔法を使うのに金を対価にする異世界で、破天荒な魔術師の少女が相棒の青年と共に暴れ回る物語。―――欲と鉄火が支配する世界で、その銃弾は何を穿つ。西部劇的な荒野の風が吹くこの物語に集うのは、いずれも一筋縄でいかない無法者の賞金稼ぎ達。ただ金の為に、集合と離散を繰り返し彼らは自由に進んでいく。全体的に言えば西部劇ファンタジーに巨大ロボが突っ込まれた作品であり、この先生のファンの方、もしくは暴れ回る巨大ロボが好きな読者様にはお勧めである。復讐の先、彼女と彼はこれからどんな道を歩むのか。 次巻も楽しみである。2017/02/08

alleine05

3
いまいち。途中から飛ばし読み。『ナイツ&マジック』の作者の新作ということで期待したけど、キャラの掘り下げが浅くて魅力が感じられなかった。主人公のアレクサンドラからして「両親の仇を追っている」「金に汚い」という設定が記号的にくっついているだけといった印象だし。キャラよりも操るロボットの方がそれぞれ固有のギミックがあって個性が感じられた。ただ、そのロボット要素にしても設計・開発から関わる『ナイツ&マジック』に対し、こちらはただ戦わせるだけでもの足りなかった。2017/03/01

森脇監督代行

1
ナイツ&マジックの方ですね。スチームパンクって言えばいいのか?この作品でもロボット好きなのが伝わってきますね。割と展開が予想出来てしまうのは王道的なストーリーの仕方ないところか。2017/02/17

drredfusion

0
メカモノしか書けないと後書きで書かれていますが、肝心なメカ描写が微妙なんだよねぇ。2017/03/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11464638

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。