ピストルと荊冠 〈被差別〉と〈暴力〉で大阪を背負った男・小西邦彦

個数:1
紙書籍版価格 ¥814
  • Kinoppy
  • Reader

ピストルと荊冠 〈被差別〉と〈暴力〉で大阪を背負った男・小西邦彦

  • 著者名:角岡伸彦【著】
  • 価格 ¥814(本体¥740)
  • 講談社(2017/01発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062817103

ファイル: /

内容説明

部落解放運動の闘士は暴力団の構成員だった。二足のわらじをはき莫大な富と権力を握った小西邦彦。晩年に「飛鳥会事件」で逮捕され失意のなかにこの世を去った。バブル時代には1ヵ月に呑み代1000万円、その力は市行政、警察、税務署、財界にまで及んだ。昭和44年、部落解放同盟支部長に就任、40年の長きにわたりその職にあった。人生の「貧富と清濁」を体現した”極道支部長”の波乱万丈、74年の生涯を描く本格評伝!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

モリータ

8
◆2012年単行本刊、2017年文庫本刊。小西邦彦のなしたことと人となりーいずれも毀誉褒貶ありーを本人へのインタビュー(2006年の逮捕後)や小西に近い人物(解放同盟や市の同和事業担当者、三和銀行の岡野義市、姪など)への取材をもとに描く。森功著とクロスする部分もあるが、こちらを先に読んでおく方が理解しやすいか。◆1969年の同対法施行前における大企連の結成、そして国税局との交渉によって関係者が得た税制上の優遇の数々(申告フリーパス、事業の不課税等)については他書でも言及があるが、信じられないような話。2021/06/02

こぺたろう

7
何かの具合でアマゾンのお薦めに本書が上がって来て、興味を持ち読了。主人公は部落解放同盟支部長の小西邦彦氏。富と権力が、活動過程の中で集まっていく様子が描かれています。全てが自由という訳ではないですが、ヒトやお金の使い方はまるで別世界。逮捕もされますが、一方で、自身の境遇からか、社会福祉に対する活動もされていたり。そういう意味では、魅力のある人物を取り上げた本だと思います。2018/07/22

JunTHR

6
めちゃくちゃ面白くて一気読み。著者による上原善広『路地の子』への徹底的な批判を読み、ならばとこちらも読んでみたが、これはすごい。なるほど、あの批判をするのも納得な取材力&事実関係の扱いの丁寧さ。2018/05/20

シヌイェ

3
人を見るときは多角的な視点を持て、ということと 現代のネット社会の、知らなくてもいい情報まで垂れ流され氾濫している怖さを改めて思い知った。2019/01/18

kawasaki

2
わかりやすい要約・受け入れやすいストーリーを拒絶するノンフィクション。丹念な取材と「自分がそこにいたらどうしたか」という執筆姿勢が、かくも複雑な「善も悪も、その質と量が尋常でない」人物と、戦後社会を描き出す。これは活字による銅像、とは著者の言葉であるが、銅像が現実にあったなら、ひそかに手を合わせる人、唾を吐きかける人、目を背ける人と、さまざまであったろう。目の前に銅像があるがごとく、都合よく忘れてしまうことを許さず「居心地の悪さ」を突きつけてくる、すさまじい一冊。2017/03/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11256094

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。