小説 映画 聲の形(下)

個数:1
紙書籍版価格 ¥880
  • Kinoppy
  • Reader

小説 映画 聲の形(下)

  • ISBN:9784063930924

ファイル: /

内容説明

硝子と再会した将也。失われた時間を取り戻すかのように、2人の距離は急速に縮まっていく。すべてが順調に過ぎていくように思えた。しかし将也の過剰な自意識が、周囲を傷つけてしまう。将也は再び孤立し、そして硝子も……。不器用な2人と、不器用な周囲の人間関係が、2人の間を複雑に交差する--。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

糜竺(びじく)

37
「このマンガがすごい!(2015)」オトコ編で第一位。大今良時原作「聲の形」というマンガのアニメ映画(160万人以上来場)の小説版です。下巻です。読んであらためて映画の光景が浮かんできました。人間関係のコミュニケーションがリアルに描かれています。特にヒロインをいじめていた植野がヒロインに「悲劇のヒロインぶってんじゃねえぞ!」と言ったり、心の声で「やだよ、あの性悪女のために・・」など、正義感というか本人には良心の呵責が無い感じの所とかリアルで考えさせられました。人がそれぞれ悩みすれ違う描写が秀逸でした。2016/11/24

めぐみ🐱

36
アニメーション見てから読んだけど、もう少し深みを表して欲しい感じがするけど、マンガやアニメを全て見てから全体的に評価したいと思います。 小説は なんかな?と思う場面あります。 総合評価ではいいかなって感じます。 虐め問題はやっぱり奥が深いなって思いました。2018/02/10

ひこかつ

19
漫画で途中まで読了済み。 小説の下巻だけ図書館にあったので、思わず借りたけど、漫画とは若干ストーリーが違うのかも? 台詞がほとんどなので、( たぶん手話の会話だし ) やっぱり漫画で最後まで読んだ方が理解しやすいみたいです (^^;) 2017/05/12

ツバサ

13
上巻に続き、映画で見れなかった部分が読めて満足。欲を言えば、もう少しボリュームが欲しかったなと。2016/12/12

はむちゃん

11
この物語に出てくる人はみんなそれぞれ悩みを持っていて、すれ違ったりしちゃったけれど、だからこそ、支えあっていけるんじゃないかなと思いました。そして、みんながいるから将也も成長することができて、みんながいるからみんなの顔をみたり声を聴いたりできるようになったんだと思います。人と関わることって大切なことなんだなと、改めて思いました。2017/06/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11191627

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす