ビーズログ文庫アリス<br> ノラネコシティ

個数:1
紙書籍版価格
¥704
  • 電子書籍
  • Reader

ビーズログ文庫アリス
ノラネコシティ

  • ISBN:9784047343313

ファイル: /

内容説明

違法ドラッグと超能力が跋扈する犯罪超過都市――通称『ノラネコシティ』。
その一角で今日もまた、厄介な事件が巻き起ころうとしている……。
犯罪が日常茶飯事のこの街に、あるものを求めてやってきた『黒猫』クロ。
そこで彼が見たものは、特殊能力『Ψ』を持つもの、持たざるもの……軍警が追う『絶対に捕まらない』薬の密売人、新人女優につきまとう『透明な』ストーカー、そして『悩み』を抱えたスーパースター、彼等の視点が交差するとき、事件の真相が浮かび上がる。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ふらこ

4
ゆる~い群像劇。ライトノベルで群像劇ってあんまり読んだことないわぁ(゚∀゚ )連作っぽいような感じもする…。こう血も凍るような殺伐したのが読みたくない気分で。でも、ハートフル!みたいなのも読みたくなくて。そんな気分にマッチしてたので満足(´∀`)2017/05/24

まいまい

3
舞台化すると知り読みました。超能力者が跋扈する、治安の悪いノラネコシティを舞台にした群像劇。世界観もキャラクターも楽しめましたが、なんとなく続きが気になる終わり方でした!2022/11/02

ポラオ

1
★少し前に舞台で観た作品の原作本。ライトに読めたし、舞台は原作に忠実かつすごく丁寧にブラッシュアップした良作だったんだなということがわかってよかった。2024/07/14

つどい

1
博多豚骨ラーメンズの作家さんの本!ずっとずっと読みたくて、やっと読めました!! 違法ドラッグと超能力。犯罪超過都市――っていうテーマが重めなのに、さくさく読めるのもすごいところだよなぁ。街の通称が『ノラネコシティ』ってのは、個人的には好き(*´꒳`*) やっぱり話が所々被ったり、繋がるところがこの作家さんのすごいところだなぁ、と思う。キャラクターも、それぞれ個性があって魅力的やし。特殊能力『Ψ』の設定もおもしろかった! 続きでないのかなぁ。またこのキャラクター達に出会ってみたいと思いましたっ。 2020/01/04

カズの旅(趣味用)

1
ノラネコシティ 読了!博多豚骨シリーズからファンになってしまった木崎ちあき作品という事で購入。ビーズログ文庫アリスという初めて知ったレーベルで恐らく女性向け?のレーベルの様でした。けれど、作品の内容は男性でも楽しめる!むしろ、ライトノベルにありがちな萌えの要素が殆どない事によってストーリー自体に比重が置かれていて、テンポの良い非常に面白い群像劇となっていました。また男性キャラクター達の魅力も十分に引き出せていました。ここまで読みやすい群像劇も珍しく、群青劇の楽しさを理解するに最適の一冊だと思います。2017/01/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11192271
  • ご注意事項