ジェンダーから見た日本語教科書―日本女性像の昨日・今日・明日―

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,200
  • Kinoppy

ジェンダーから見た日本語教科書―日本女性像の昨日・今日・明日―

  • 著者名:水本光美著
  • 価格 ¥2,200(本体¥2,000)
  • 大学教育出版(2016/08発売)
  • ポイント 20pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784864293211

ファイル: /

内容説明

「女ことば」と「日本女性像」という2つの着眼点から、日本語教科書の中に、いかにジェンダーが潜んでいるか、それらが現代日本社会の現状を正しく反映しているかどうかをデータ分析結果の比較から考察し、さらには今後の日本語教科書のあり方を述べる。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

menocchio

1
女性文末詞「わ」「かしら」「よ」を女性たちが使わなくなってきている。にもかかわらず,TVドラマや教科書のなかではいまだに多用されている。それらを定量的な分析から明らかにする。また,日本語の教科書が社会の変化を反映せずに女性像・家庭像のステレオタイプを強化しており,それは学習者に誤解を与えかねないとする。日本語教育の実務に携わってきた当事者ならではの指摘は重い。我々がいかに「隠れたカリキュラム」の刷りこみを受けていることか。さいごに,教科書のあり方について提案がされるが,細やかな配慮に富み画期的だ。2016/09/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9719953

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。