講談社文芸文庫<br> 明治深刻悲惨小説集

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • Reader

講談社文芸文庫
明治深刻悲惨小説集


ファイル: /

内容説明

死、貧窮、病苦、差別――明治期、日清戦争後の社会不安を背景に、人生の暗黒面を見据え描き出した「悲惨小説」「深刻小説」と称された一連の作品群があった。虐げられた者、弱き者への共感と社会批判に満ちたそれらの小説は、当時二十代だった文学者たちの若き志の発露であった。「自然主義への過渡期文学」という既成概念では計れない、熱気あふれる作品群を集成。

目次

I
大さかずき  川上眉山
夜行巡査  泉 鏡花
II
蝗うり  前田曙山
断流  田山花袋
乳母  北田薄氷
III
亀さん  広津柳浪
藪こうじ  徳田秋声
寝白粉  小栗風葉
IV
女房殺し  江見水蔭
にごりえ  樋口一葉
解説  齋藤秀昭