角川ビーンズ文庫<br> ショコラと魔法使い

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

角川ビーンズ文庫
ショコラと魔法使い

  • ISBN:9784041043974

ファイル: /

内容説明

マジー・ショコラ。それは王立の魔法学校を卒業し、「聖菓師」の資格を持つ者だけが製造・販売を許される魔法のショコラ。
事故で両親を亡くし、小さなショコラ店を一人で営むクロエは、いつか聖菓師になることを夢見る平凡な少女――のはずだった。
だがある日、店を訪れた青年騎士によって運命は一変する。
「わたしに、ショコラを作るのをやめて、王女になれと……?」
目指すは下町の希望の星。甘い恋と魔法の王道ファンタジー!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あやつぎ

10
薬代わりにチョコレートとか、設定が面白いです。ヒロインとヒーローが両片思いな感じが良いですね。次が出たら買います。2016/08/08

ここあ

9
チョコ。魔法使い。というキーワードが気になって待ってた。なんで、発売 2ヶ月も伸びたんだろか?ていうのも気になってた。うーん。半分 熱中症になっててボーっとした頭でも読める軽い内容だった。読み続けるかは続きがどうなるかによるかな〜? もう少し、学校の授業シーンが増えると読みたいかなー。2016/08/08

うさぎや

9
わりとあっさり両想い?だけど微妙なズレがあるので今後どう転ぶか気になるところ。2016/08/06

柏葉

8
作者買い。下町でショコラ屋を開いていた天涯孤独の少女が実は王の娘で、貴族ばかりの魔法学校に通うことになり……という話。軽く事件が起こり、魔力がしょぼいと思われていた主人公が実は、という隠れTUEEEEな部分もあるが、たぶん少女時代に読んでいたら憧れていたと思う。ショコラティエという職業、実は王女という美味しい設定、平民の矜持、かっこいい男の子……と少女が好みそうなものがよりどりみどり。ジルベールといい感じになったのはほんのちょっぴりときめいた。少女小説ならもっとときめくようなものが読みたい。2016/10/09

凍矢

6
昨日くらいから読み始めて。本日、読了しました。王道のストーリーでした。下町に住んでいた主人公が、まさかの王女だったとは。ありがちな設定で、普通の評価です。主人公が別格扱いになるとは、ね。2016/09/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11028933

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。