うつかな?と思ったら男性更年期を疑いなさい ―テストステロンを高めて「できる人」になる!

個数:1
紙書籍版価格
¥1,430
  • 電子書籍
  • Reader

うつかな?と思ったら男性更年期を疑いなさい ―テストステロンを高めて「できる人」になる!

  • 著者名:堀江重郎【著】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • 東洋経済新報社(2016/07発売)
  • ポイント 13pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784492045961

ファイル: /

内容説明

40代以上必読! 
女性以上に深刻な「男の更年期障害」への対処法

最近「やる気が出ない」「何もかもおっくうだ」というあなた、31ページの質問に答えてみてください。
50点以上なら、要注意です。医療機関で、男性ホルモン「テストステロン」の値を測定してもらいましょう……。

テストステロンの減少がもたらす更年期障害への対処法をわかりやすく解説。
心身の健康のみならず仕事力をも左右するテストステロンを増やすためのライフスタイルも指南する。

「ドクター堀江のテストステロンを高めるための10か条」付き

◆本書から
●男性ホルモン「テストステロン」が減ると、元気がなくなって気分が落ち込んだり、イライラしたり、不眠になったりする。
●うつ患者の7割以上がテストステロン不足であり、抗うつ剤でかえって悪化させているケースもある。
●男性的魅力にあふれ、女性にモテる男性は、一般にテストステロン値が高い。
●同性からも人気があり、人望がある男性は、慨してテストステロン値が高い。
●リーダーシップのある男性、仕事ができる男性は、テストステロン値が高い
●テストステロン値は血液検査で簡単にわかり、補充療法などで劇的に回復できる。
●アメリカでは年間170万人がテストステロン補充療法を受けているが、日本では2万人にすぎない。
●頻尿や尿もれ、EDも、テストステロン値を上げることで改善することが多い。
●ライフスタイルの改善でテストステロンを増やすこともできる。
……