悪戯王子と猫の物語

個数:1
紙書籍版価格 ¥680
  • Kinoppy
  • Reader

悪戯王子と猫の物語

  • ISBN:9784062753555

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

一度しか読むことができない物語を旅する悪戯王子と猫。彼らが出逢う20の物語は、ときには優しくときには残酷、ロマンティックでしかもリアリスティック。無垢と頽廃を同時に内在する、ささきすばるのイラストと、詩的な森博嗣の文章とが呼応し、次々と展開するイメージ。観念の世界を揺蕩(たゆた)う大人のための絵本。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

夢追人009

151
ささきすばるさんと森博嗣さん夫妻のコラボによる大人向けに書かれたミニ絵本です。うーん、さだまさしさんの笑える血液型の歌「恋愛症候群」ではありませんが、それぞれにO型とB型のお二方の性格・感性がA型の私には少し合わない嫌いがあったのかも知れません。徹底的に暗いという程ではないのですが、でもとてもご陽気とは言い難いダークな雰囲気が全編を覆っているのですね。通り一遍の結末やオチではなく読者の感性に訴え掛けて考えさせるガチガチでなくゆる目の締め方は新鮮で良いのですが、不気味な絵と時折の死の影に気が滅入りましたね。2019/03/25

KAZOO

145
森さんの超短編(散文詩でもあるような感じですが)と、ささきすばるさんという私には初めてのイラスト画家ですが初めて見る作品です。森さんの本にしては薄くさらっと読んでしまうのですが表紙やなかのカラフルなイラストで印象に残る本でした。2016/06/05

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

116
物語の中を旅する悪戯王子と猫。彼らが出遭う20篇のショートストーリーは、一度読むと溶けてなくなってしまう。小さな本の中に窮屈に収められた文字は解放されて、どこかに行ってしまうんだ……。毒少々。ユーモアちょっぴり。不条理まずまず。メッセージ性特になし。シニカルなおとぎ話『泡の連絡』、ファンタジックでリアリスティックな『ジェットコースタ』、ブラックユーモア『練習』、ちょっとホラーな『スパイ』、リリカルな『美智子さんの筆入れ』、夢の中のような『冒険の船乗り』、切ない『クリスマスイブ』。無垢で退廃的な大人の絵本。2016/03/05

パフちゃん@かのん変更

65
森博嗣さんの絵本という事で、読んでみました。悪戯王子と猫はプロローグとエピローグにしか出てこないんだね。絵本というか、詩のような短い物語が20編。難解な絵本だ。好きなお話は「泡の連絡」「奇遇」「ジェットコースタ」「スパイ」「「6番目の女」「ボート・ラボ」ジェットコースタ・・・やっぱり最後の長音は抜きか。2016/02/25

優花 (@⌒~⌒@)モグモグ

58
森博嗣さんの文章とささきすばるさんのイラストがマッチしていて不思議な世界へ迷いこんだ感じになります。短い文章なのでサクサク読めてしまいますが一気に読むのが勿体ないと思わせる本でした。創造力を膨らませ1人で読むのも良し、たくさんの創造力をイメージしながら複数の人と一緒に読むのも未知なる世界観が広がり新たな発見が出来そう。装丁に惹かれ何気なく取った本ですが、とても好きな本になりました。2016/01/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/562603

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。